第25回 県内の歴史を担う県立岐阜商と新勢力・大垣日大の対決に中京などが絡む(岐阜県)2016年05月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]戦前から戦後にかけては岐阜商一極
[2]三つ巴の現在

 岐阜県の甲子園出場校の歴史を見てみると、1932(昭和7)年に初出場を果たして以降、戦前から戦後にかけては岐阜商という文字だけがやたら目立っている。その合間には49年夏に準優勝を果たしている岐阜50年春から3季連続して出場している長良、58年に出場の多治見工がポツンと登場して、辛うじてアクセントをつけている程度である。そんな状況が70年頃まで続く。

戦前から戦後にかけては岐阜商一極

県立岐阜商業ナイン(2014年秋季東海大会より)

 その間に、県立岐阜商としては50年代前半にブランクがあるものの、岐阜県の高校野球史はそのまま県立岐阜商野球部の歴史でもあると言ってしまってもいいくらいに、中等野球時代から岐阜商時代が続いていた。

 その構図が、70年代から徐々に変化してくる。岐阜短大付(現岐阜第一)が70年にはベスト8はベスト4に残って、一大旋風を巻き起こした。後に、巨人にドラフト1位指名される湯口 俊彦投手がいた。このあたりから、中京商(岐阜中京から校名変更し、現中京)が台頭してきて、73年には連続出場し、74年75年夏にも出場。「岐阜にも中京あり」を印象付けた。

 さらには大垣商美濃加茂東濃実岐阜三田(その後岐阜藍川と統合して現岐阜城北)などもあるが、基本的には岐阜商と中京が競うという構図となってきていた。

 岐阜県の高校野球のメイン会場でもある長良川スタジアムは旧岐阜県営球場時代から金華山を見上げる長良川べりにある。つまり、『国盗り物語』の斎藤 道三の岐阜城を仰ぎ見ることができるロケーションなのだ。そのお膝元の岐阜商が文字通り天下をとったのは戦前に春3回、夏1回で、戦後はついに全国制覇がないまま今日に至っている。そして、それがそのまま岐阜県の高校野球の全国的な位置づけでもあるということになる。

 それでは、ここで県立岐阜商の歴史をざっと追ってみよう。戦前は春に好成績が多い。これは、ある意味では仕方がない要素だ。というのも、当時は夏は東海地区で1代表ということになっていた。従って、甲子園に出るには中京商(現中京大中京)を頭とする愛知県代表を倒さなくてはならなかった。これは甲子園で勝つよりも難題だともいわれていた時代である。

 実際、代表となった年は強く、戦前の2回の夏の代表はいずれも決勝まで残っているのだから力のあることを証明している。だから、同地区から複数代表が選ばれる春は成績がいいのも当然なのである。

 それくらいに当時の東海地区の野球のレベルは高かったのだ。春には優勝2回、準優勝1回というのが戦前の実績である。戦前だけの成績でいうと、岐阜県からは岐阜商以外の甲子園出場はない。春夏合わせて都合12回出場ということになる。そのうち実に5回も決勝進出を果たしているのだ。これはやはり驚異的なことである。決勝進出確率40%以上ということになる。

このページのトップへ

【次のページ】 三つ巴の現在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第580回 甲子園で涙したミレニアム世代の投手たち この悔しさは来年で晴らす【大会展望・総括コラム】
天理vs大垣日大【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第564回 ベスト16入りを決める4チームは?甲子園6日目4試合の見どころをチェック!【大会展望・総括コラム】
第37回 大垣日本大学高等学校(岐阜)【3年ぶり4回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第551回 第99回全国高校野球地区大会を振り返って「伝統校と新鋭校が入り混じった今年の東海地区」【大会展望・総括コラム】
岐阜工vs長良【岐阜県 2017年夏の大会 第99回選手権岐阜大会】
大垣商vs岐阜第一【岐阜県 2017年夏の大会 第99回選手権岐阜大会】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
第546回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・リード編」【Vol.2】 【2017年インタビュー】
大垣日大vs津田学園【2017年春の大会 第64回春季東海地区高等学校野球大会】
第540回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・キャッチング編」【Vol.1】 【2017年インタビュー】
藤枝明誠vs美濃加茂【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
第323回 県立岐阜商業高等学校 高橋 純平投手「悔いしか残らなかったラストサマー だからこそ見えてきた投手像」 【2015年インタビュー】
第270回 県立岐阜商業高等学校 高橋 純平投手【後編】「自分はスピードだけの投手ではないところも見てほしい」 【2015年インタビュー】
大垣商 【高校別データ】
大垣日大 【高校別データ】
市立岐阜商 【高校別データ】
岐阜工 【高校別データ】
岐阜聖徳学園 【高校別データ】
岐阜城北 【高校別データ】
岐阜総合学園 【高校別データ】
岐阜第一 【高校別データ】
県立岐阜商 【高校別データ】
関商工 【高校別データ】
多治見工 【高校別データ】
中京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
東濃実 【高校別データ】
土岐商 【高校別データ】
長良 【高校別データ】
美濃加茂 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム