第69回 勝利に繋がるからこそどんな活動も楽しい!都立新宿マネージャー2018年07月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]勝利に繋がると考えればどんな活動にもやりがいがある!
[2]戦力としてチームを支えられるように!

 熱戦が各地で繰り広げられている高校野球。東京でも1日に開会式を行い、7日より東西ともに試合が始まった。都内の学校といえばグランドが持てず、練習に苦労しているところが多いだろう。
 だが、都心の新宿にグランドを持ち、練習環境が整っている学校がある。それが今回の訪問先の都立新宿である。この夏は2回戦で都立富士との初戦を迎える。

 そんな選手たちを支えるマネジャーたちは、日々どんな取り組みをしているのか。その胸の内に秘めた想いは何なのか、迫りました。

勝利に繋がると考えればどんな活動にもやりがいがある!



仕事に取り組む 都立新宿のマネージャー

 都立新宿の部員は3学年で22名。その選手たちを支えるのは、3年生の柳井夏湖さんをはじめとするマネージャー3人である。

 ジャグづくりをはじめ、ノックの時やマシンへの球出しはもちろんのこと、備品管理やスコア集計、ネットの修理。さらにはケガの応急処置が主な仕事内容である。
 数多くの仕事をこなしているが、選手の目線になってどんなことをマネージャーにして欲しいのか、選手と同じ立場に立って考えて行動することを大事にして、活動するようにしている。

 ここで都立新宿にしかない変わった活動を聞いてみると、練習中の監督や選手が言ったことを全てメモしていることを挙げてくれたが、動画撮影をしていることも、他ではあまり聞かない。

 彼女たちは、練習の際はノートを片手に、メモを取ることを当たり前のようにしている。それもあって、他校のマネージャーにA5のノートをお勧めしている。

 メモに取り組むことで、話を聞きながら自分の中で話を要約してメモを素早く取れるようになった。そこは他校のマネージャーに負けていないと自信を持っている。そして、進学校として知られる都立新宿の生徒らしく、勉強との両立にも自信を持っている。

 毎日メモを取っているが、選手たちの成長を目で見て感じられるデータの集計をしている時間に楽しさを感じている都立新宿マネージャー。ではどんな時にやりがいを感じているか聞いていると、それは全部だと答えてくれた。
 仕事全てが勝利に繋がっていると考えているということが伝わり、マネージャーの鏡とも思える心がけだった。

 昨年は、必要不可欠な存在だった先輩方と1回戦で郁文館と対戦。結果は敗戦だったが、ケガから復帰した前主将が意地で放った左中間への二塁打が印象的だった。

  その後、新チームで7月以来の勝利をおさめた川口工戦や、今の2年生が当時の1年生の時に多く試合に出場して、勝利に貢献した小山戦といった思い出に残る試合を経験して、今年の夏を迎えた。
 選手たちの汗をぬぐう姿や呼吸を整える姿にときめくという彼女たち。選手たちには「一緒に甲子園に行きましょう」と力強い一言をくれた。

 その3人を代表して、3年生の柳井夏湖さんに次のページでさらにお話を伺いました!

【次のページ】 戦力としてチームを支えられるように!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立富士vs都立新宿【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第68回 大分商(大分) 3年間共に歩んだ仲間と最高の夏に!【頑張る!マネージャー】
第67回 豊島学院(東京)新聞作りでより理解した大切な仲間たちを陰で支える【頑張る!マネージャー】
第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!【頑張る!マネージャー】
第65回 蒲郡(愛知)必須アイテムのカメラを片手に、選手を支える!!【頑張る!マネージャー】
第64回 明秀日立(茨城)自分も選手としてLet's give our best!!【頑張る!マネージャー】
都立府中東vs都立新宿【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立新宿vs郁文館【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
都立新宿vs多摩大目黒【東京都 2016年春の大会 春季大会 一次予選】
都立新宿vs日本ウェルネス【東京都 2015年春の大会 春季大会 一次予選】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
都立新宿 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム