第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!2018年05月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手の活躍を近くで見ることができる時間が本当に楽しいす
[2]いなくてもチームは成り立つ、でもいた方がより良くなるべき存在


 仙台市都心部の西、青葉山の麓の広瀬川右岸に所在する宮城県立仙台二高等学校。「文武両道」を校訓に掲げる仙台二高校は、県内有数の進学校として名が通っており、2006年度までは男子校であった。今回はそんな仙台二高校の野球部のマネージャーにお話を伺い、日々どんな仕事をしているのか。同校のマネージャーの取り組みに迫った。

選手の活躍を近くで見ることができる時間が本当に楽しい



練習の準備をしている仙台二マネージャー

 現在31人の選手たちを支えているのは、3年生の鎌倉 有里さん、1年生の秋葉 そよかさんの2人。「選手でもできることをたくさんするよりも、マネージャーだからこそできる仕事をする」ことを心掛けて日々活動している。

 普段は練習の補助を行っているが、時には偵察やデータのまとめを行うなど専門的な仕事もこなしている。「自分にできることは全部やる」という気持ちは、他校のマネージャーには負けないという自信を持っており、「マネージャーは特別ではない」という意識を持ってい業務に取り組んでいるという。

 また二人にとっての「マネージャーあるある」を聞いたところ、「一人で黙々と作業をすること」と「スコアを書く右手だけ日焼けすること」と答えてくれた。これは仙台二だけでなく、全国のマネージャーが共感する「あるある」だろう。

 そんな2人にとって1番楽しい時間は、試合で選手の活躍を近くで見ることができる時間だそうだ。

 特に、昨年の夏の大会の初戦である登米戦が最も印象に残っていると話す。というのも、その試合は宮城県大会の開幕戦だったからだ。仙台二は、その開幕戦で登米を3対2で下して、見事1回戦を突破した。開幕戦だったこともあり、チームにとってはとても盛り上がる試合となった。

 初戦を突破した仙台二は、その後も2回戦、3回戦と勝ち進んだが、4回戦で石巻工に3対4で惜しくも敗れた。二人は引退した3年生たちについて、「みんな頼りになる先輩で、先輩方の下で部活ができて幸せだったと思う」と話し、お世話になった先輩たちへ感謝の言葉を口にした。二人のような後輩を持つことができて、先輩たちにとっても幸せだったに違いない。

 そんな2人から、これからの春、夏の大会に向けて練習に励む選手たちへ向け、温かいメッセージをいただいた。
「忙しい中熱心に練習していて尊敬しています。最後まで一緒に頑張りましょう!」

 次ページでは、3年生の鎌倉 有里さんにお話を伺います!

【次のページ】 いなくてもチームは成り立つ、でもいた方がより良くなるべき存在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第65回 蒲郡(愛知)必須アイテムのカメラを片手に、選手を支える!!【頑張る!マネージャー】
第64回 明秀日立(茨城)自分も選手としてLet's give our best!!【頑張る!マネージャー】
第63回 富島(宮崎)縁の下の力持ちとしてチームから頼られる存在に!!【頑張る!マネージャー】
第62回 狭山清陵(埼玉)「マネージャー心得」で戦力として一緒に戦う姿勢を作る【頑張る!マネージャー】
第61回 日本航空石川(石川)「年中無休の笑顔でチームメイトを支える!」【頑張る!マネージャー】
仙台二vs宮城県工【宮城県 2017年春の大会 宮城県大会 地区予選】
古川工vs仙台二【宮城県 2015年夏の大会 第97回選手権宮城大会】
仙台二vs仙台商【宮城県 2015年夏の大会 第97回選手権宮城大会】
角田vs仙台第二【宮城県 2009年夏の大会 第91回宮城県大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
仙台二 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム