第61回 日本航空石川(石川)「年中無休の笑顔でチームメイトを支える!」2018年03月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]辛い時こそ馬鹿になれ!!
[2]年中無休笑顔でいるマネージャーに

 昨夏に甲子園では木更津総合を撃破し、秋の神宮大会では日大三を延長の末破るなど確実に全国での実績を積み上げる日本航空石川。主砲の上田 優弥を軸に今度の選抜ではどんな戦いぶりを見せてくれるのか注目したいところだが、そんな日本航空石川のマネージャーはどんなことを心掛けて日々の活動をこなしているのか、お話しを聞いてみました。

辛い時こそ馬鹿になれ!!



日本航空石川野球部を支えるマネージャーの4名

 日本航空石川は85名の部員が所属しており、新井 彩夏さん(2年生)、境 悠希さん(2年生)、松元 瑚春さん(2年生)、中嶋 文香さん(1年生)ら4名のマネージャーが選手をサポートしている。

 普段の活動ではジャグを作ったり、ノックの補助をしたりしている。また、練習終了後に指導者の方への挨拶の際に、指導者の方それぞれの好みに合った甘さにコーヒーを作って出す細部まで行き届いた心遣いも特徴的だ。
 そういった「細かく、地味な作業であっても最後までやり通すことで、忍耐力といった精神面の強さであればどこの学校にも負けない」と語る。

 活動の中で1番楽しい時間はいつか聞いてみると、補食の余ったごはんをおにぎりにするときだと話してくれた。理由は「おにぎりにする時に何の具にしようか考えることが楽しいから」。

 そんな彼女たちが日々の仕事をする中で選手をサポートする際に心がけていることは「野球でも人として成長できるような環境づくり」だと答えてくれた。
 主将の小坂 敏輝選手はマネージャーたちを「頼りになるチームメイトです」と話し、選手とマネージャーがともに刺激を与えあってチーム全体が成長していることが見えてきた。

 日々の練習に励む選手たちへの一言をお願いすると、「辛い時こそ馬鹿になれ!!」と選手たちを力強く鼓舞し、選抜への気合を入れてくれた。

【次のページ】 年中無休笑顔でいるマネージャーに

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!【頑張る!マネージャー】
第65回 蒲郡(愛知)必須アイテムのカメラを片手に、選手を支える!!【頑張る!マネージャー】
第64回 明秀日立(茨城)自分も選手としてLet's give our best!!【頑張る!マネージャー】
第63回 富島(宮崎)縁の下の力持ちとしてチームから頼られる存在に!!【頑張る!マネージャー】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東海大相模vs日本航空石川【第90回記念選抜高等学校野球大会】
日本航空石川vs明徳義塾【第90回記念選抜高等学校野球大会】
日本航空石川vs膳所【第90回記念選抜高等学校野球大会】
日大三vs由利工【第90回記念選抜高等学校野球大会】
城東vs日本航空石川【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
第616回 大橋修人(日本航空石川)「150キロとエースの座を追い求めて、すべての経験を糧にする」 【2017年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
日本航空石川 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム