第57回 千葉明徳(千葉)「選手のサポートと自立させることも私たちの役割!」2017年12月29日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

 千葉の強豪校として、今夏はベスト16入りを果たし、今年のプロ野球ドラフト会議でオリックスバッファローズに2位指名された鈴木 康平らを輩出する千葉明徳。今回はその部員たちを支えるマネージャーの皆さんにお話を伺った。

自立を促し、選手を全力で支える!


千葉明徳グラウンド

 現在、57名の部員を支えるのは2年生の原 千晶さん、山村 悠華さん、栗山 彩奈さん、1年生の飯田 ゆきなさん、毛利 沙霧さん、吉野 真弥さんの6名。平日はドリンク作り、洗い物、ご飯作り、休日は試合の準備や、相手校の指導者の方の昼食の準備など様々な仕事をこなしている。さらに千葉明徳の1年生は、授業の一環としてタブレットを使用しており、もちろん野球部もタブレットを技術向上のために取り入れており、マネージャーが練習中、タブレットをを使って練習の模様を動画で撮影する様子も当たり前の光景となってきた。

 千葉明徳のマネージャーは冬場に選手と一緒にトレーニング用のダンスを踊ったり、時には一緒に走ったり、大会の時には吹奏楽部と一緒に演奏をするマネージャーがいる。皆さんの楽しいときは「大会の時に一丸となって応援しているときです」と話す。選手やマネージャーだけではなく、保護者などが一丸となって戦っている選手を応援してるとき「ここに来てよかった」と毎回思うそうだ。

 そんな皆さんが心がけていることは「すべてをやりすぎないこと」。部員が充実して野球ができるようにサポートしつつも、すべてマネージャーがやるのではなく、選手が食べたタッパーは選手自身に洗ってもらって返してもらうなど、自立した行動をしてもらうようにしている。

 印象に残っている試合は、昨夏の横芝敬愛戦。9回裏でサヨナラ勝ちを収めた試合だ。最後まで戦う選手を信じ、応援し、みんなで勝ち取った試合だった。

 その粘り強さを持つ先輩の良いところを活かし、千葉の激戦区を勝ち抜こうと日々練習に励む千葉明徳。その部員へマネージャーからメッセージ!
「みんなが充実した練習をできるように私たちも活動していくので、いつでも何かあったら頼ってほしいです。一緒に頑張りましょう!」

 ここからは原 千晶さん(2年)にお話を伺います。

【次のページ】 部活が存在することはどういうことかに気付くことができた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第67回 豊島学院(東京)新聞作りでより理解した大切な仲間たちを陰で支える【頑張る!マネージャー】
第66回 仙台二(宮城)「二高史上初」のマネージャーになれたことが自慢!!【頑張る!マネージャー】
第65回 蒲郡(愛知)必須アイテムのカメラを片手に、選手を支える!!【頑張る!マネージャー】
第64回 明秀日立(茨城)自分も選手としてLet's give our best!!【頑張る!マネージャー】
第63回 富島(宮崎)縁の下の力持ちとしてチームから頼られる存在に!!【頑張る!マネージャー】
前原vs南風原【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
嘉手納vs南風原【沖縄県 2013年秋の大会 秋季沖縄県大会】
南風原vs具志川商【沖縄県 2013年夏の大会 第95回選手権沖縄大会】
美里工vs南風原【沖縄県 2012年 第37回沖縄県高校野球1年生大会】
南風原vs北山【沖縄県 2012年 第62回沖縄県高校野球秋季大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
南風原 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム