第53回 菰野の女子マネージャー・萩未空さん「母と同じ道を辿り、誰よりも頼られるマネージャーに」2017年12月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]母も菰野のマネージャーだった!?面影残す娘が同じ道を歩む
[2]感謝やねぎらいの言葉が一番の力になる

感謝やねぎらいの言葉が一番の力になる

 複数のマネージャーがいるチームも多い高校野球の世界。それほど、雑務をはじめとしたマネージャーの仕事は、量が多い。これを一人でこなすというのは、なかなか大変なこと。

 そんな中で、厳しい毎日を乗り越える糧になるのは、感謝やねぎらいの言葉だ。
「(監督や選手から)『ありがとう』と言われたことが、一番思い出すと頑張れる言葉です」と萩さんは言う。チーム内からだけでなく、グラウンドに顔を出して練習などを見守る近所の方々にも、一人で奮闘する萩さんの姿は知られており、そういった人々からかけられる「一人で頑張ってえらいね」という褒め言葉も、戦う糧になる。

 菰野・橋本 海主将に、萩さんについて聞いてみると、「一人で大変だと思います」と最初にいう。選手ももちろん、たった一人でサポートする彼女の大変さは理解している。
「キャプテンの僕にいろいろと確認をしてくれるので、僕が忘れていることも思い出させてくれたりして、本当にいいマネージャーだと思います」

 「頼りにされるマネージャー」。萩さんにこれからどんな存在になっていきたいかを聞いてみると、そのような答えが返ってきた。最も選手を近くで見守る存在であるマネージャーの仕事を、たった一人でこなす萩さんであれば、きっとそうなれるであろう。高校野球は、フィールドでプレーする選手だけでなく、チーム全員が作り上げるものだ。彼女のような献身的な働きをしてくれる人に、感謝の気持ちは忘れないように持っておきたい。

(文・編集部)

 菰野高校野球部のみなさん、ありがとうございました!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第508回 無駄を省く指導で「日本一の文武両道」を目指す 四日市(三重)【野球部訪問】
第69回 勝利に繋がるからこそどんな活動も楽しい!都立新宿マネージャー【頑張る!マネージャー】
第68回 大分商(大分) 3年間共に歩んだ仲間と最高の夏に!【頑張る!マネージャー】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第67回 豊島学院(東京)新聞作りでより理解した大切な仲間たちを陰で支える【頑張る!マネージャー】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
菰野vs高田【三重県 2017年夏の大会 第99回選手権三重大会】
至学館vs菰野【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
第299回 オリックス・バファローズ 西 勇輝投手 「『ミスターコントロール』の細やかな気配り」 【2015年インタビュー】
菰野vs相可【三重県 2013年春の大会 平成25年度春季三重県大会】
北照vs菰野【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
県立岐阜商vs菰野【2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季東海地区高校野球大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
菰野 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム