第30回 「2つのチームを支える仲良し5人組」彦根翔陽・彦根翔西館高等学校2017年02月17日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]2つのチームを支えるマネージャー
[2]一緒にいろんなことを乗り越えていこう!

 昨年の4月、学校統合により連合チームとして誕生した、滋賀県にある彦根翔陽・彦根翔西館。昨秋は滋賀県大会でいきなりベスト4まで勝ち上がり、滋賀県の21世紀枠候補校として選出された。連合チームを支えるマネージャーは、どんな活動をしているのだろうか。

【野球部訪問】チームの取り組みも合わせてチェック!
彦根翔陽・彦根翔西館(滋賀)「投打に個性派揃いの連合チーム」

2つのチームを支えるマネージャー

マネージャーの皆さん(彦根翔陽・彦根翔西館高等学校)

 現在、彦根翔陽の2年生16人、彦根翔西館の1年生15人、計31人で活動している彦根翔陽・彦根翔西館。そのメンバーを支えるのは2年生の大橋 あいさん、黒住 桃花さん、長谷川 可奈さん、1年生の加藤 茉奈さん、田島 菖さんの5人。

 日々の活動内容は、ボール渡し、タイムの計測、選手たちのケガのケアなどで選手の練習をサポート。また、体作りには欠かせないプロテイン作りや、アイシング作り、お茶作りをするのもマネージャーの仕事だ。その他にも、選手たちが練習しやすいよう、さらさらになっているグラウンドの砂に水撒きをしたり、ボールの修理をするなど、練習環境の整備も欠かさない。

「部員たちが練習しやすい環境を作ることを日々心掛けて活動しています。また、活動する上で迷惑がかからないように行動することにも気を配っています」と、選手を思いやる気持ちを忘れずに活動している。

活動風景(彦根翔陽・彦根翔西館高等学校)

 2年生の長谷川さんは、お兄さんが野球をしていたことがきっかけとなり、野球部のマネージャーに入部。マネージャーになっていなかったら、周りを見れず礼儀知らずで、何もかもが当たり前だと思って生きていたのではないかと言う。

「今は、周りをよく見て行動し、周りを大切にできるようになったなと感じます。仲間や親、先生などに感謝の気持ちを持てるようになりました」と、入部してから現在までの成長を振り返る。

 そんな長谷川さんだが、活動している上で挫折をしかけたことは一度もないと言う。その理由の一つとして、マネージャー間の仲の良さが関係していた。

「私たちの元気の良さと、仲の良さは他校には負けません!」と元気よく答える長谷川さん。今日の夜ご飯や昨日の夜ご飯のメニューを言い合ったり、部員さんの可愛かったエピソードや面白かったエピソードを言い合ったりするのが、彼女たちのお決まりだ。

【次のページ】 一緒にいろんなことを乗り越えていこう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第413回 彦根翔陽・彦根翔西館(滋賀)「投打に個性派揃いの連合チーム」【野球部訪問】
彦根翔陽・彦根翔西館 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム