第22回 「選手を間近で見ることができる試合は、私たちの1番楽しい時間!」 大分県立大分商業高等学校2016年12月16日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]マネージャーのやりがいと楽しい時間は選手と同様、試合の中に
[2]目配り、気配りができるマネージャーを目指して

 岡崎郁氏(元巨人)をはじめ、多くのプロ野球選手を輩出している大分商は、商業科・国際経済科・情報処理科の3つの科からなる学校です。

 古豪として名の高い大分商は、1931年の全国中等学校優勝野球大会を皮切りに、選抜5回出場、選手権14回出場(1951年選手権大会は、大分城崎の名前で出場)するなど全国的にも有名な野球部。最近では森下 暢仁(現・明治大)投手が2015年 第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップに出場。さらに今年のチームも今秋の九州大会予選では3位の成績を収め、九州大会に出場しました。そんな昔と変わらず精力的に活動する大分商の飛躍の要因の一つに、マネージャーの存在が挙げられるのではないでしょうか。

マネージャーのやりがいと楽しい時間は選手と同様、試合の中に

大分商業野球部のマネージャーの皆さん

 大分商の選手42名をサポートしているのは、2年生の萩原 千里さん、加藤 奈津美さん、1年生の下田 歩さん、高石 虹百さん、藤原 詩乃さん、二日一 菜々さんの6人。部員を信じる気持ちは、他の高校のマネージャーに負けません、と話す大分商のマネージャーのみなさんは、選手が野球に集中できる環作りを心掛け、日々活動しています。

 そして、マネージャーという活動に対するやりがいや楽しい時間は試合の中にあります、と教えてくれたマネージャー。その理由は、「応援している瞬間は、頑張る部員を1番近くで見ることができ、熱気を一緒に感じることができることから」。試合でチームが勝利したときが、マネージャーとしてのやりがいにも繋がっているようです。選手と同様、マネージャーも試合を楽しみに日々活動していることが伺えます!

 そんな試合にかける思いが強い大分商マネージャーの皆さんに、まず夏の大会で思い出に残っている試合を伺ってみると、今年の7月14日に行われた夏の大会2回戦(別大興産スタジアム)での、明豊との試合を挙げてくれました。7回まで1対5で負けていたものの、8回、9回に1点を追加して、最後まで部員の粘りを見ることができた試合は、マネージャーの方に感動を与える一試合だったようです。

 ではここで、日々練習に励む選手に一言いただきました!
私たちも、精一杯サポート頑張るけん、みんなで甲子園の舞台で輝こう!

【次のページ】 目配り、気配りができるマネージャーを目指して

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第36回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…(大分)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
福岡大大濠vs大分商【2016年秋の大会 第139回九州地区高等学校野球大会】
第412回 2015年U-18代表の現在地 高いレベルでもがく投手陣 高いレベルでも活躍する野手陣【大会展望・総括コラム】
第316回 【大分展望】今大会の軸となるのは大分、明豊、情報科学か?!夏にピークを迎えられる学校は?【大会展望・総括コラム】
第15回 【侍ジャパンU-18代表コラム】森下 暢仁 九州の豪腕が施した「メンタル改革」【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第151回 【第97回大分大会展望】明豊、大分商など有力校多数な今年の大分を抜け出すチームは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs大分商【2013年秋の大会 第133回(平成25年度秋季)九州地区高校野球大会】
修徳vs大分商【第95回全国高校野球選手権記念大会】
大分商vs佐伯豊南【大分県 2011年夏の大会 第93回大分大会】
大分商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム