第20回 【記録トリビア 優勝回数編】優勝の回数だけドラマがある2015年08月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1位 中京大中京(7回)~優勝旗が盗まれる事件~
[2]2位 広島商(6回)~バントで勝ち取る優勝旗~ / 3位 松山商(5回)~奇跡のバックホーム~

 毎年1校のみが優勝という栄光を手にすることができる夏の風物詩、甲子園。今年は東海大相模が2度目の夏の甲子園優勝となった。夏優勝2回の学校はこれまで12校あるが、東海大相模は13校目となる。これほど、2度の優勝経験があるチームがあるのかと驚くかもしれないが、実は東海大相模以上に優勝している学校はなんと6校ある。今回は優勝にちなんで甲子園での『優勝回数トップ3』の高校を紹介。優勝の数だけドラマがあった!

1位 中京大中京(7回)~優勝旗が盗まれる事件~

優勝回数が最も多い中京大中京のエース上野 翔太郎投手

 出場回数27回(歴代6位)、勝利数78(歴代1位)を誇り、優勝回数7回は堂々歴代1位!高校野球界の名門中の名門中京大中京。7度の優勝の中で、最も記憶に新しいのは2009年日本文理との激闘(関連記事)である。9回2アウトから、日本文理が5点を奪う猛攻を見せるも、なんとか逃げ切り優勝を飾る。当時の、「つないだ!つないだ!日本文理の夏はまだ終わらない!」という実況は今でも語り継がれる伝説となっている。当時のエース、堂林 翔太は現在、広島東洋カープにて活躍中である。

 さらに、中京大中京の優勝をさかのぼってみる。中京大中京が2009年以前に優勝したのは、今から49年前の1966年。余談にはなるが、中京大中京は1995年に中京高等学校から、中京大学附属中京高等学校、通称中京大中京に変更。その中京高校も更にさかのぼること1967年に中京商業高等学校から名称を変更している。よって、1966年に優勝した際には中京商の名だった訳だが、この年、中京商は1962年に作新学院が達成して以来の春夏連覇を達成した。ちなみに、同年、甲子園出場こそ叶わなかったものの、大阪大会にて、大阪学院投手江夏 豊が6試合81奪三振を記録していた。

 それ以前に優勝した年となると、1954年の第36回大会と戦前に4回(31年32年33年37年)となっている。ちなみに、1954年に甲子園を制した際には珍事件が起こっている。この年、優勝した中京大中京は、深紅の優勝旗を持ち帰ったのだが、この優勝旗が校長室から忽然と姿を消してしまった。生徒や警察を動員して捜索を行うも、見つからず。結局、85日後に近くの小学校の床下から見つかったが、未だに犯人がわからない不思議な事件となっている。そしてこの事件以降、優勝旗は銀行に預ける高校が多くなったとのこと。

注目記事
・ランキング2位のあのチームのノートも掲載!「野球ノートに書いた甲子園 3」特設ページ
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 2位 広島商(6回) / 3位 松山商(5回)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
愛知産大三河vs中京大中京【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝【野球部訪問】
中京大中京vs愛工大名電【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs刈谷工【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
済美vs松山商【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
松山商vs松山工【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第582回 2016年U-18代表の現在地 高いレベルでも実力を発揮する投手陣 レベルアップを期待する野手陣【大会展望・総括コラム】
第572回 U-18代表20名を徹底考察!起用法・オーダーも考案!【大会展望・総括コラム】
第479回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「U-18代表入りして得た知識や経験を最大限活かしたい」【後編】 【2016年インタビュー】
第478回 中京大学附属中京高等学校 佐藤 勇基選手「侍ジャパンU-18でもベストナイン!今夏屈指の遊撃手!」【前編】 【2016年インタビュー】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
第391回 福岡ソフトバンクホークス 柳田 悠岐選手「『フルスイング』の変遷」 【2016年インタビュー】
中京大中京 【高校別データ】
広島商 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム