第6回 現れるか?今春のスーパーエース!歴代のセンバツ投手大記録を振り返る!2017年02月01日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨年の選抜優勝投手の村上 頌樹(智辯学園)

 今年のセンバツは竹田 祐履正社)、金久保 優斗東海大市原望洋)、山口 翔熊本工)、櫻井 周斗日大三)など多くの注目投手がいる。彼らは、大会の主役と呼べるような投球を見せてくれるだろうか。前回はセンバツの打撃記録について紹介したが、今回は好投手たちが挑む過去の投手記録について迫っていきたい。

完全試合 過去2人 松本稔(前橋・1978年)、中野真博(金沢・1994年)
無安打無得点試合 過去12人(その1人がダルビッシュ 有投手)
4試合連続完封 4人(その1人が殿堂入りした平松政次投手)
大会通算最多奪取三振 60 江川 卓作新学院・1973年)
1試合最奪三振(9回まで) 21 戸田善紀(PL学園・1963年)
先発全員奪三振 島袋 洋奨興南・2009年)
となっている。
さらに過去5年、選抜優勝校投手もしくはエースの防御率は以下の通り
2016年 村上 頌樹智辯学園)防御率0.38
2015年  平沼 翔太敦賀気比)防御率0.40
2014年 中田 竜次龍谷大平安)防御率1.13
2013年 小島 和哉浦和学院)防御率0.64
2012年 藤浪 晋太郎大阪桐蔭)防御率1.58

 こうしてみると、近年の甲子園優勝投手は、ほぼ防御率0点台~1点台に収めている。全国制覇を果たすにはどんな相手でも、1試合でほぼ1点以内に抑える実力が問われることが分かる。昨年の甲子園優勝投手の村上は、2試合完封。3試合が自責点0と抜群の安定感を誇った。まさにスーパーエースというべき活躍だった。今年のセンバツでもスーパーエースと呼べる投手が現れることを期待したい。

注目記事
第89回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第665回 強打の健大高崎が関東制覇。ベスト8以上のチームを総括!【大会展望・総括コラム】
第74回 天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
健大高崎vs日大三【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第664回 12年ぶり優勝を狙う日大三か?6年ぶり優勝を狙う健大高崎か?春の関東王者はどちらに!?【大会展望・総括コラム】
第663回 関東ベスト4に残ったのはすべて強打志向の大型チーム!打ち勝って決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs浦和学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs常総学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
日大三vs習志野【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第17回 大阪桐蔭が連覇を達成したセンバツを俳優・吉村卓也が語る!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第693回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
第690回 笹川 晃平(東京ガス)社会人代表の4番が語る打撃論 「体の使い方を理解しよう」 【2018年インタビュー】
第675回 松田憲之朗(龍谷大平安)「平安のDNAを受け継ぐスラッガー。目指すは甲子園100勝」 【2018年インタビュー】
第669回 島田 直哉(龍谷大平安)甲子園100勝目へ向けたエースの成長と決意 【2018年インタビュー】
江川 卓(作新学院) 【選手名鑑】
小島 和哉(浦和学院) 【選手名鑑】
金久保 優斗(東海大市原望洋) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
竹田 祐(履正社) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
中田 竜次(龍谷大平安) 【選手名鑑】
平沼 翔太(敦賀気比) 【選手名鑑】
村上 頌樹(智辯学園) 【選手名鑑】
山口 翔(熊本工) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
東海大市原望洋 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム