第49回 恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知「神様に見えた瞬間がある」VOL.22017年12月03日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知

【目次】
[1]実は1番上林を置く構想があった??
[2]上林が神様に見えた
[3]練習試合では本物と思わせる一打を見せるも怪我で不調に陥る

 入団4年目の今季、福岡ソフトバンクホークスの熾烈な外野手争いを勝ち抜き、定位置をつかんだ上林 誠知。オールスターにはファン投票で選ばれ、規定打席にも到達。侍ジャパンの一員として、「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」では全3試合に5番でスタメン出場した。宮城・仙台育英高時代から世代を代表する好打者として注目されながらも、苦労も多かった。その苦悩を間近で見てきた恩師・佐々木順一朗監督に上林について語っていただいた。

 【VOL.1】では仙台育英入学当時を振り返っていただいたが、【VOL.2】では高校3年の夏を振り返っていただく。

■恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知
【VOL.1】「上林には4番打者が一番合っていた」

実は1番上林を置く構想があった??

センバツを前に沖縄で合宿をした際、佐々木監督からアドバイスを受ける上林

 佐々木監督は上林が高校3年の夏、甲子園で敗れた後、こんな話をしてくれたことがある。甲子園の決勝に進出していたら、上林を1番に置いたオーダーを組んだーー。それは本当に考えていたことなのだろうか。

「それは本当に考えていましたよ。打順は1番打つ選手から並べた方がいいと思っています。高校野球はトーナメントなので、一番、多く打席が回る打順でいいバッターだった方がいい。その昔は中濱(裕之、元近鉄など)が1番だし、志田(宗大、元ヤクルト)が1番だし、橋本が1番。1番打者がプロに行っています。でも、上林は4番」

 今年は上林世代で1番を打った立教大・熊谷 敬宥が阪神からドラフト3位で指名され、今年の仙台育英で1番を打った西巻賢二が楽天からドラフト6位指名された。上林世代で熊谷に1番を任せられるようになったことも上林を4番に置けた要因なのか。

「敬宥は8番からのデビューですからね。敬宥がもっと打てばなとは思ったけど。結構、買っていたのは、長谷川 寛(早大)や小林遼(富士大)。上林は3番・長谷川、5番・小林に守られていたような気もしますね。それでいて、みんなより1つ上に抜けているところがあるというか」

 あまり先頭に立つタイプではないものの、2年秋からはキャプテンも務めた。「自分からキャプテンになるタイプではなかったと思うんだけど、自分から立候補したのはあれだったんだよね」と佐々木監督は振り返る。

 佐々木監督の言う「あれ」とは、2年夏の甲子園3回戦の栃木・作新学院戦でのあるプレーだ。2対2の同点で迎えた7回に1番・石井 一成(日本ハム)が中前にはじき返した打球を、センターを守る上林が数メートル後ろにそらした。普通に捕球していれば単打で済んだが、捕球直前でバウンドが変わったのだ。石井は一塁を蹴って二塁へ。続く、鶴田剛也の右前適時打が決勝点になった。キャプテンになることを薄々は考えていたようだが、このプレーで「自分のせいで負けた」と責任を感じて決断した。

【次のページ】 上林が神様に見えた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第132回 球児がENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017で印象に残ったシーン・選手とは?!【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第50回 恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知「夢を叶えたらからこそ誰よりも逞しく」VOL.3【恩師が語るヒーローの高校時代】
第48回 恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知「上林には4番打者が一番合っていた」VOL.1【恩師が語るヒーローの高校時代】
第612回 稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第134回 仙台育英学園高等学校 上林 誠知 選手 「神様からプレゼントをもらう準備」 【2013年インタビュー】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム