第33回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「高校入学時の球速は108キロ!それでもプロにいける器だと感じた理由」【前編】2017年03月14日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

恩師が語るヒーローの高校時代 宮西 尚生

【目次】
[1]最速108キロの1年生に感じたプロの予感
[2]結果を問わずして確信できた生来のセンス / 高校3年間で果たした33キロのスピードアップ

 プロ入り以来9年連続50試合以上の登板を継続中の日本ハム・宮西 尚生投手。昨季は史上2人目となる通算200ホールドを達成し、自身初のタイトルとなる最優秀中継ぎ投手も受賞。WBCの日本代表メンバーにも初めて選出された。そんな宮西投手はいったいどのような高校球児だったのだろうか。投手として大きく飛躍した過程を知る、恩師・竹本 修監督に話をうかがうべく、宮西投手の母校、兵庫・市立尼崎高校を訪ねた。

最速108キロの1年生に感じたプロの予感

宮西 尚生(北海道日本ハムファイターズ)

 私が市立尼崎の監督に就任した2001年春に入学してきたのが宮西でした。入学当時の宮西のストレートの最速スピードは108キロ。手の位置は今と同じようなサイドスローで、スムーズとは対極のガチャガチャっとした印象のフォーム。体も思い切り開いてて、いかにもボールが抜けてしまいそうな投げ方でした。ところが実際に投げたボールは抜けない。その「ボールをきちんと押さえ込める能力」にものすごく非凡なものを感じました。

「あの投げ方で抜けないということは相当握力が強いんだろうか?」と思い、手を見せてもらうと指がすごく長いんです。指が長いとボールをしっかりと包むことができるのでホールド力は高まります。投手としてのポテンシャルの高さを確信しました。

「もしかするとこの子、プロにいける器かもしれないな」という予感に襲われ、その予感を当時の部長に伝えたところ、返ってきたのは「いくら竹本先生のいうことでもそればかりは信じられません」。思い切り投げても108キロしか出ないわけですからね。当時はおそらく誰に言っても取り合ってもらえなかったと思います。1年生の間は115キロも出れば「おー!」という声が周囲からあがるような投手でした。

【次のページ】 結果を問わずして確信できた生来のセンス / 高校3年間で果たした33キロのスピードアップ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神港学園vs市立尼崎【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs関西学院【兵庫県 2017年秋の大会 平成29年度秋季兵庫県高校野球大会】
第561回 前田 大輝(市立尼崎ー日本体育大学)「選手と同じ立ち位置で、みんなの先頭に立って進んでいく」 【2017年インタビュー】
神戸弘陵vs市立尼崎【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
市立尼崎vs柏原【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
第444回 市立尼崎高等学校(兵庫)「連覇目指す市立尼崎の夏」【野球部訪問】
伊川谷北vs市立尼崎【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
第469回 報徳学園、神戸国際大附など精鋭揃いの36チームが登場!2回戦で好カードが続出【春季兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第7回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【後編】 野球も用具も、常に「挑戦」【特別企画】
第6回 田中 賢介(北海道日本ハムファイターズ)×日高 泰也(ウイルソン)【前編】 切磋琢磨で創る「プロフェッショナル」のグラブ【特別企画】
第34回 宮西 尚生投手(市立尼崎-北海道日本ハムファイターズ)「自分の現在地を把握すれば、成長度合いは大きく変わってくる」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
第480回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「僕は変化することを恐れない」【前編】 【2016年インタビュー】
市立尼崎 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム