第18回 斎藤 佑樹投手(早稲田実業-北海道日本ハムファイターズ)【後編】「斎藤 佑樹を完成させた甲子園、そしてプロ」2016年08月21日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 斎藤佑樹

【目次】
[1]大阪桐蔭戦が斎藤を覚醒させるきっかけに
[2]甲子園に入って体も、精神的にも成長をしていた
[3]野球人として成長している実感したエピソード

 前編では、ライバル日大三と、斎藤佑樹投手とのエピソードを語ってくださった早稲田実業・和泉監督。後編では、斎藤佑樹投手と甲子園のお話、そして今後に向けたエールを語っていただきました。

大阪桐蔭戦が斎藤を覚醒させるきっかけに

早稲田実業時代の斎藤 佑樹投手

 甲子園入りした早稲田実業。初戦の相手は、鶴崎工だった。斎藤は9回3失点(リリーフが登板したが、1人も打者を打ち取れなかったので実質完投)。和泉 実監督の目から見て、この時の斎藤は本調子ではなかった。それは西東京大会決勝(7月30日)から日が空いてなかった開幕日(8月6日)での試合だったというのもある。
「この時、西東京大会決勝から1週間ぐらいしかたっていなかったので、疲労が残っているというのもありましたね。そこから次の日までの1週間はしっかりと休養や治療をさせました」

 初戦の投球を見ただけでは、伝説を残す投手になるとは想像できなかっただろう。斎藤が凄味を見せるのは2回戦の大阪桐蔭戦だった。試合前の予想では、1回戦で選抜優勝の横浜に圧勝した大阪桐蔭が有利と見られており、和泉監督もそういう雰囲気は感じていた。
「当日、試合の雰囲気は大阪桐蔭の勝利を期待しているという雰囲気でした。また主砲・中田 翔関連記事が斎藤からホームランを打つんじゃないか。そんな期待が感じられましたね」

 しかし試合は周囲の予想を大きく覆し、斎藤は強力な大阪桐蔭打線をわずか2失点に抑え、12奪三振の快投。注目となった中田との対決では、4打数0安打、3三振に抑え込み、そして打線も大阪桐蔭投手陣を攻略し、11得点を奪って快勝した。試合を振り返って和泉監督は、
「うちの打線が11得点をあげるのは想像できなかったですが、斎藤が本調子ならば、抑える自信はありましたよ。超強力打線の日大三が、1年かけて打倒・斎藤を掲げて研究をしたのに、打てなかった。初対戦となれば打たれない自信はありました。またしっかりと休養を取った事で、初戦に比べて良くなっていたのもありましたね」

 こうして大阪桐蔭を倒したことで、高校野球ファンは斎藤に目を向け始め、注目度も上がった。斎藤は引き続き快投を続け、3回戦の福井商戦でも1失点完投勝利、準々決勝の日大山形戦では10奪三振、2失点完投勝利。準決勝の鹿児島工戦では13奪三振完封勝利を挙げて、ついに決勝進出を果たす。和泉監督は、準決勝から理想的な投球ができるようになっていたと分析する。

このページのトップへ

【次のページ】 甲子園に入って体も、精神的にも成長をしていた

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
作新学院vs早稲田実業【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
早稲田実業vs花咲徳栄【2017年春の大会 第69回春季関東大会】
第484回 本日開幕!関東を盛り上げるミレニアム世代を先取り!【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第483回 清宮幸太郎、高校通算93号までの軌跡!【大会展望・総括コラム】
第482回 今年も各県から名門が集結!この大会でスターになるのは誰か?【春季関東大会展望】【大会展望・総括コラム】
第88回 秀岳館投手陣が清宮勝負を決断した理由。そして対決して得たものとは?【ドラフト特集】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs八代【2017年 練習試合(交流試合)・春】
文徳vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第7回 週刊せり高校野球【センバツが早稲田実業と日大三を強くした】【芹玲那の高校野球レポート】
第530回 野村大樹の進化が止まらない! 【2017年インタビュー】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第495回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「土壇場に強くなるために、いつでも平常心で」【後編】 【2017年インタビュー】
第491回 北海道日本ハムファイターズ 谷元 圭介投手(稲生出身)「身長をハンディするのではなく、武器にすればいい」【前編】 【2017年インタビュー】
第488回 北海道日本ハムファイターズ 中田 翔選手(大阪桐蔭出身)「野球に特化したトレーニングを追求しよう」【後編】 【2017年インタビュー】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム