第43回 聖望学園 (埼玉)編「近年、上位争いを繰り広げる聖望学園のつながり」2015年10月19日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から鳥谷 敬選手(阪神タイガース)、川畑 諒太投手

【目次】
[1]1999年から強豪校の仲間入りを果たした聖望学園
[2]近年の卒業生

 1999年夏に甲子園初出場を果たすと、2008年に選抜準優勝を果たし、その後も、県内上位に勝ち進み、埼玉を代表する強豪で知られる聖望学園。今回は過去の戦いぶりとこれまでの卒業生を紹介していきたい。

1999年から強豪校の仲間入りを果たした聖望学園

 1951年(昭和26年)10月、学校が設立された聖望学園
1980年に野球部が創部し、実力をつけてきたが浦和学院春日部共栄大宮東といった強豪校の壁は厚く、なかなか甲子園にたどり着くことはできなかったが、1999年についに甲子園初出場を果たした。
当時の主力選手は鳥谷 敬選手(阪神タイガース)。初戦の日田林工戦ではリリーフ登板を果たし、最速143キロの速球を魅せたが試合は逆転負けを喫した。

 次に出場したのは2003年で、2回戦で香川西、3回戦では天理を下して初のベスト8入り。
そして2008年選抜では好投手・大塚 椋司(JX-ENEOS)の活躍で快進撃を見せる。初戦となった2回戦で小松島を2対0の完封で下すと、3回戦では履正社を7対5で破る。準々決勝では平安(現・龍谷大平安)に8対0で勝利し、準決勝では千葉経大附を4対2で撃破し初の決勝進出を決める。
決勝では沖縄尚学に敗れたが、準優勝を果たし、大きな足跡を残した。

 2009年夏の甲子園を最後に甲子園からは遠ざかっているが、甲子園を狙える力はあるチームなので今後も楽しみである。

注目記事
・10月特集 今こそ鍛えたい!守備のキホン
・2015年秋季大会特設ページ
・2015年ドラフト特設ページ

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs聖望学園【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
聖望学園vs西武文理【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第44回 頂点に立つ浦和学院を花咲徳栄が追い数校の強豪校が続く構図(埼玉)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
浦和実vs聖望学園【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県大会】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
聖望学園vs山村学園【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
聖望学園vs西武文理【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県地区予選】
第22回 東海大相模も敗退!今夏の甲子園は東海大系列校ゼロ!今日の熱戦をプレイバック!【夏の大会特集2016】
第176回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【後編】 【2014年インタビュー】
第175回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【前編】 【2014年インタビュー】
第74回 阪神タイガース 鳥谷敬選手 【2011年インタビュー】
大塚 椋司(聖望学園) 【選手名鑑】
川畑 諒太(聖望学園) 【選手名鑑】
佐藤 勇吾(聖望学園) 【選手名鑑】
瀧瀬 諒太(聖望学園) 【選手名鑑】
寺田 和史(聖望学園) 【選手名鑑】
聖望学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム