第79回 創志学園(岡山)編「創立7年余りで全国クラスの強豪へ 創志学園のつながり!」2017年10月15日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]史上初の創部2年目で甲子園出場!一躍全国区へ
[2]近年の卒業生



左から末永 海人、髙田 萌生(創志学園)

 創部2年目で甲子園出場を果たすなど、近年力をつけ岡山のトップを走る創志学園髙田 萌生などのプロ野球選手も輩出している創志学園について迫ります。

史上初の創部2年目で甲子園出場!一躍全国区へ

 2010年に設立された、私立の男女共学校である創志学園高校。創志学園の創始者である大橋博を理事長として据える。環太平洋大と経営を同じくする系列学校であるため、体育系クラブに力を入れているそうだ。

 野球部はこれまでに4度の甲子園に出場。
初出場は、2011年春に開催された第83回選抜高等学校野球大会創志学園は、わずか創部1年目にして初出場を果たすという史上初の快挙を成し遂げた。またこの大会の選手宣誓を野山 慎介主将が務めた。東日本大震災で開催が危ぶまれた大会であり、選手宣誓ではそのことについて触れた。

「私たちは16年前、阪神・淡路大震災の年に生まれました。
今、東日本大震災で、多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。
被災地では、全ての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。
人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。
私たちに、今、できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。
『がんばろう!日本』
生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。」

 この宣誓は人々の心を打ち、高校野球ファンの記憶に残る選手宣誓となった。創志学園1回戦北海と対戦。北海の好投手・玉熊 将一の前にわずか1点に抑え込まれ敗退した。

 2016年には春夏連続出場を果たした。エース・髙田 萌生を中心に、打線は北川 大貴高井 翔などに加え、当時2年生の難波 侑平がけん引。攻守ともに力のある世代であった。第88回選抜高等学校野球大会1回戦では東海大甲府と対戦。先制を許すも、5回に一挙4点を奪いリードを奪う。髙田 萌生がこのリードを守り切り、1失点完投勝利。甲子園初勝利を挙げた。続く2回戦ではその後準優勝を果たした高松商と対戦し1対5で敗れた。

 リベンジを誓った。県予選で髙田 萌生が154キロを記録するなどして注目を集めた。迎えた初戦盛岡大附と激突。3回までに4点のリードを奪い、152キロを記録するなどして優位に試合を進めていた創志学園。しかし髙田 萌生盛岡大附打線につかまり、2本の本塁打を浴びるなどして逆転を許す。その後、追い上げるものの及ばず上位進出とはならなかった。
 その後、髙田 萌生はドラフト会議で巨人から5位指名を受け、プロの世界へ飛び込んだ。

 難波 侑平が投打の柱として今春も甲子園出場を果たした。しかし1回戦で九州王者・福岡大大濠と対戦し3対6で敗れ、甲子園優勝は果たせていない。その難波 侑平がプロ志望届を提出。2年連続で創志学園からのプロ野球選手誕生となるかに注目が集まる。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第71回 盛岡大附属(岩手)編「2017年に春夏甲子園ベスト8の快挙を果たした盛岡大附属のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第105回 プロ志望届けを提出した有望な逸材を徹底紹介!石川、平良など速球派右腕の提出が集中【ドラフト特集】
第25回 【選抜出場校徹底分析】創志学園高等学校(岡山)【第89回選抜高校野球大会 チーム紹介】
第458回 いきなり履正社vs日大三の黄金カード実現!選抜大会の見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第452回 スラッガーの好敵手はこの投手だ!センバツ出場を決めた話題の投手は?【大会展望・総括コラム】
第422回 創志学園・髙田 萌生投手 『初の甲子園出場に導いた右腕の次なる目標は世代頂点投手へ』 【後編】 【2016年インタビュー】
第421回 初の甲子園に導いた髙田 萌生投手(創志学園) 「『人差し指』に秘められた剛腕への過程」 【2016年インタビュー】
北川 大貴(創志学園) 【選手名鑑】
高井 翔(創志学園) 【選手名鑑】
髙田 萌生(創志学園) 【選手名鑑】
難波 侑平(創志学園) 【選手名鑑】
野山 慎介(創志学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム