第70回 花咲徳栄(埼玉)編「今年の甲子園制覇を達成した花咲徳栄のつながり!」2017年09月30日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から大瀧 愛斗、高橋昂也 (花咲徳栄)

【目次】
[1]夏は3年連続出場!そして今年の夏は…。
[2]近年の卒業生

 夏の甲子園は2015年から3年連続出場となった今年の花咲徳栄は、ご存知の通り夏の頂点に立った。春は4回、夏は5回の計9回、甲子園の舞台に立った花咲徳栄は、近年ますます優秀な人材をプロ・大学・社会人といったステージに送り込んでいる。そんな花咲徳栄の全国での戦いぶり、卒業生を紹介する。

夏は3年連続出場!そして今年の夏は…。

 花咲徳栄が今年の頂点を獲るまでの軌跡を振り返っていく。まずは2015年の夏。初戦の三沢商を大差で下し、次戦の鶴岡東は一転して1対0の完封勝利。
 そうして迎えた準々決勝は小笠原 慎之介(現・中日)がエースとして君臨した東海大相模との対戦。この日の相手先発・小笠原との2枚看板を組んでいた吉田 凌(現・オリックス)から3点を奪うも、5回途中から登板した小笠原からは得点を奪えず、当時2年だった高橋 昂也が終盤に追いつかれ、9回裏に杉崎 成輝(現・東海大)に左越え二塁打を浴び、悔しいサヨナラ負けを喫した。

 2016年夏は、高橋 昂也が3年生エースとなりチームを牽引。当時2年の西川 愛也は4番に座っていた。
 甲子園の1回戦では大曲工、2回戦では樟南を下し、次の相手は作新学院花咲徳栄はこちらも当時2年だった綱脇 慧が先発するも、序盤に5失点。清水 達也へ継投し、4回からは高橋がマウンドに上がり8回のソロ1本のみに抑えたが、作新学院今井 達也(現・西武)の自慢のカットボールに翻弄され、序盤の得点を返すことが出来ず敗戦。
 ご存知の通り、作新学院はこの後優勝旗を手にすることになる。

 そうして迎えた今年の夏は、埼玉大会決勝でライバル浦和学院を倒し、甲子園出場。前年の甲子園を経験した、綱脇―清水の盤石継投と、「ハンマートレーニング」で鍛え上げた長打力で相手を圧倒。開星日本航空石川前橋育英盛岡大附といった名門校を次々撃破していく。
 準決勝では、西東京大会で日大三早稲田実業を下し、全国の舞台でも上へ駆け上がってきた東海大菅生を、延長にもつれ込む激闘の末に退け、決勝戦進出。そして決勝では甲子園本塁打数記録を更新した、中村 奨成を擁する広陵に引導を渡し、圧巻の優勝を果たした。

 高橋 昂也清水 達也綱脇 慧といった好投手を生み続ける花咲徳栄には、体系化された投手育成メソッドが存在する。(詳しくは野球部訪問へ)このような、独特なトレーニングメニューが花咲徳栄の選手育成の一つの特徴だ。
 例えば野手陣でいえば長打力特化戦略としての「ハンマートレーニング」が話題になったが、投手陣は冬に専用の朝練メニューが課される。
 朝6時から、土が凍ったグラウンドで、手押し車でダイヤモンドを周回したり、これもまた独自メニューの「綱のぼり」をしたり、といった基礎トレーニングを行う。厳しかった冬の思い出について清水・綱脇両投手にそれぞれ伺った際、揃ってこの朝練のことを挙げたことが印象的だった。

 そんな厳しい練習を経て全国制覇を成し遂げた彼ら。清水・綱脇・西川の3選手はプロの世界へと足を踏み入れる意志を固めた。実力は十分。10月26日、彼らのもとに吉報が届くことを願いたい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 全国優勝の花咲徳栄(埼玉)の女子マネに直撃!支える立場でも野球部の理念「全員野球」を忘れずに!【頑張る!マネージャー】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第124回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【後編】【僕らの熱い夏2017】
第120回 3年生座談会 星野高等学校(埼玉)「創部史上初のベスト8 星野ナインの成長の軌跡」【前編】【僕らの熱い夏2017】
中央学院vs花咲徳栄【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs花咲徳栄【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs仙台育英【2017年 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体2017】
花咲徳栄vs市立川越【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第573回 清水達也(花咲徳栄) 「寒空を切り裂く剛速球!甲子園優勝投手が戻って来た!」 【2017年インタビュー】
第428回 花咲徳栄高等学校 高橋昂也選手 「ついに復調!速球とフォークのコンビネーションは大学生にも圧倒」  【2016年インタビュー】
第327回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【後編】 「スランプから脱却させた岩井隆監督の魔法の一言」 【2015年インタビュー】
第326回 花咲徳栄高等学校 大瀧 愛斗選手【前編】「もうはまだ まだはもうで始まった成長ストーリー」 【2015年インタビュー】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
綱脇 慧(花咲徳栄) 【選手名鑑】
西川 愛也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム