第67回 川越東(埼玉)編「埼玉の第一勢力となるか??川越東のつながり!」2016年05月13日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 高校時代の福岡 高輝、高梨 雄平

【目次】
[1]好左腕を輩出する川越東
[2]近年の卒業生

 昨春の関東大会準優勝を果たすなど、近年、埼玉県で勢力を伸ばしている高校が川越東高校である。甲子園出場経験は無いものの、近いうちに出場することが期待されている。今回はそんな川越東のつながりを振り返っていきたい。

好左腕を輩出する川越東

 川越東高校は、国際的視野に立つ高度な知識と実践力を備えた人材を育成することを目標に、1984年に星野学園により創立された男子校である。野球部はここ数年で成績を残してきている。

 川越東といえば、左の好投手を輩出するのが特徴だ。現在JX-ENEOSに所属している高梨 雄平や、高橋 尚貴、また今年度から慶應義塾大学野球部に所属している高橋 佑樹が挙げられる。高梨は2010年夏の埼玉大会準決勝まで勝ち上がった際のエースであり、準々決勝では春日部共栄を完封、準決勝では花咲徳栄に2対3の1点差で敗れたものの、その活躍は衝撃的だった。高梨はその後、早稲田大学に進学し、リーグ戦において完全試合を達成している。

 高橋 尚貴2013年決勝まで勝ち上がった時のエースで、決勝では、その春の選抜高校野球選手権大会優勝した浦和学院に1対16で敗退したものの、埼玉県の新興勢力として川越東の名を広めた選手である。また高橋 佑樹は1年生からベンチ入りし、秋の地区予選では聖望学園を相手に延長14回を投げきり、2失点に抑える好投をしている。2年時、3年時には関東大会にも出場し、3年時の春季関東大会では決勝まで進出する原動力となった。高橋佑は現在、慶應義塾大学野球部に所属し、その活躍が期待されている。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
ふじみ野vs川越東【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第599回 【埼玉県展望】甲子園優勝の花咲徳栄、春関東優勝の浦和学院など大型チームでひしめき合う!【大会展望・総括コラム】
川越東vs本庄第一【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
川越東vs富士市立【2017年 練習試合(交流試合)・春】
川越工vs川越東【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
川越東vs県立川越【埼玉県 2017年春季埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
磯川 雄太(川越東) 【選手名鑑】
駒崎 真也(川越東) 【選手名鑑】
高梨 雄平(川越東) 【選手名鑑】
高橋 佑樹(川越東) 【選手名鑑】
長野 創太(川越東) 【選手名鑑】
福岡 高輝(川越東) 【選手名鑑】
藤野 隼大(川越東) 【選手名鑑】
札葉 弘樹(川越東) 【選手名鑑】
川越東 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム