第3回 「理想のフォームの作り方」2015年03月07日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]理に叶っているなら野手投げでもOK
[2]メジャーに対応するためフォームも修正法も変わった

 上原投手のフォームは独特で、野手投げと言われることも多い。だが上原投手はそのフォームでも、高度な投球を生み出している。一体、どういう考えでフォームを築き上げているのか? そのコツについて伺ってみた。

理に叶っているなら野手投げでもOK

 抜群の制球力を生み出しているのが、メジャーの選手から「球の出どころが見づらい」と評される投球フォームだ。「球の出どころが見づらい」ため、平均すると140キロ台前半と、球速表示的にはさほど速くないストレートが、打者には数字以上に感じるという。

上原 浩治投手(ボストン・レッドソックス)

「“球の出どころが見づらい”のは野手投げだからでは。周りからもよく野手投げだと言われるんですよ。テイクバックが小さく、すぐにトップの位置に入るので、打者はそう感じるのでしょう」

 上原投手は、理に叶っているのであれば、投手でも野手投げでいいと考えている。

「高橋 由伸の投げ方、僕はあれが1つの理想の投げ方だと思うんです。捕ってからすぐに手をトップの位置に持っていく野手投げですが、それでとてもきれいな真っ直ぐを投げる。外野からそういうボールを投げられるなら、マウンドからでも投げられると思います」

 上原投手は巨人時代、「走っているか、打撃投手をしているかだった」(東海大仰星高時代の西監督)という高校時代同様、「ほとんどブルペンでの調整はせず、よく外野でノックを受けていた」(上原投手)そうだ。

 ちなみにレンジャーズではチームメイトになった建山 義紀(元阪神)投手に次ぐ二番手だった高校時代、上原投手は2年秋は、一番・センターだった。

このページのトップへ

【次のページ】 メジャーに対応するためフォームも修正法も変わった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東海大仰星vs汎愛【大阪府 2017年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第466回 【春季大阪大会展望】選抜優勝の大阪桐蔭、準優勝の履正社もノーシードから!各ブロックの見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
第415回 シード無しの大阪の秋の陣が間もなく開幕!有力校、激戦ブロックをチェック!【大会展望・総括コラム】
第64回 T-岡田に続け!履正社スラッガー・安田尚憲に熱視線!【夏の大会特集2016】
第347回 【大阪抽選会後 展望】今年の大阪は強豪私学だけではない 台風の目となる公立勢は?【大会展望・総括コラム】
第335回 【大阪展望】6年ぶり出場を狙う履正社は春の勢いを持続できるか?【大会展望・総括コラム】
履正社vs東海大仰星【大阪府 2016年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
大阪偕星学園vs東海大仰星【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
東海大仰星vs阪南【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
鳳vs東海大仰星【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
第232回 中日ドラゴンズ 大塚 晶文コーチ【後編】 「普段の細かい作業から1つの作品を作るのがバッテリーの醍醐味」 【2014年インタビュー】
第173回 読売ジャイアンツ 菅野 智之 投手 【2014年インタビュー】
第172回 ボストン・レッドソックス 上原 浩治 投手 【2014年インタビュー】
第128回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (後編) 【2013年インタビュー】
第127回 ボストン・レッドソックス 上原浩治 選手 (前編) 【2013年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
東海大仰星 【高校別データ】

プロフィール

上原 浩治 (うえはら・こうじ)
上原 浩治 (うえはら・こうじ)
  • ボストン・レッドソックス
  • 経歴:東海大仰星高、大阪体育大、読売ジャイアンツ、ボルチモア・オリオールズ、テキサス・レンジャーズ、ボストン・レッドソックス
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長/体重:189cm/88kg
  • 出身地:大阪府
  • 生年月日:1975年4月3日
  • 日本代表:1997年第13回IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年WBC、2007年北京五輪予選、2008年北京五輪
  • タイトル:最多勝2回 (1999年、2002年)
    最優秀防御率2回 (1999年、2004年)
    最多奪三振2回 (1999年、2003年)
  • 表彰:新人王 (1999年)
    沢村賞2回 (1999年、2002年)
    最優秀投手2回 (1999年、2002年)
    ベストナイン2回 (1999年、2002年)
    ゴールデングラブ賞2回 (1999年、2003年)
    最優秀バッテリー賞1回(2002年)
    最優秀バッテリー賞特別賞1回(1999年)
    日本シリーズ優秀選手賞1回(2002年)
  • MLBリーグチャンピオンシップシリーズMVP1回(2013年)
  • 【関連記事】 独占インタビュー 
    2013年2月3日公開(前編)2013年2月7日公開(後編)2014年02月18日公開
    上記データは掲載時のものとなります。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム