第2回 茨城の戦力分布 ~新チームを読み解く~2014年09月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 茨城における新人戦
[2] 県北・水戸地区の結果
[3] 県南・県西地区の結果

茨城における新人戦

大関友久(土浦湖北)

 茨城では、8月15日を過ぎたころから、秋季地区大会の前哨戦となる新人戦のような大会が開催される。なぜ新人戦「のような」としたかというと、茨城には「新人戦」と銘打った大会は実際には存在しない。その代わりに開催されるのが、「ジュニア大会」や「選抜大会」といった準公式試合だ。

 茨城は県内が4地区に分けられており、県北地区と水戸地区では「ジュニア大会」という名を、県南地区と県西地区では「選抜大会」という名を冠して、新人戦が開催される。

 ちなみに、選抜とは表記しているが、実際には全チームが出場する。また茨城の準公式試合は、入場無料となっている。

 加えて、他県の場合、各地区の新人戦優勝チームで交流し、頂点を決めることもしばしば見られるが、茨城の場合、そのような交流戦は行われたことがない。
というのも、茨城では新人戦を、各校の現状のチーム力を把握し、秋季地区大会のシードを決める参考とする大会と位置付けているからだ。したがって、決勝まで行われる県南地区を除いて、他の3地区では地区の頂点を決めることは敢えてしない。

 その代わり、全地区で敗者復活戦が充実している。もし初戦で敗れたとしても、敗者復活戦に回るため、各校は新人戦段階で同地区のチームと、少なくとも2試合経験を積むことができる。

 この新人戦で上位に進出したチームには、秋季地区大会のシード権が与えられる。また、敗者復活戦に回ったチームであっても、そこで勝ち上がったチームは別々なブロックに振り分けられる仕組みとなっている。
このように、2度ふるいに掛けるシステムでシードを決定しているため、秋の地区予選1回戦から有力チーム同士がつぶし合うということは、起きにくくなっている。


秋季大会特設ページ~選抜への道~

このページのトップへ

【次のページ】 県北・水戸地区の結果

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 県立鹿島高等学校(佐賀)【冬が僕らを強くする2018】
第17回 県立日立第一高等学校(茨城)【冬が僕らを強くする2018】
第623回 第90回センバツ逸材野手【東日本編】ガイドブック【大会展望・総括コラム】
中央学院vs霞ヶ浦【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
霞ヶ浦vs東海大甲府【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
明秀学園日立vs常総学院【茨城県 2017年秋の大会 茨城県大会】
明秀学園日立vs霞ヶ浦【茨城県 2017年秋の大会 茨城県大会】
霞ヶ浦vs日立一【茨城県 2017年秋の大会 茨城県大会】
第10回 土浦日大高等学校(茨城)【31年ぶり3回出場】【第99回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第405回 つくば秀英高等学校 長井 良太投手「130キロ未満から149キロ!スピードアップの秘訣とは?」 【2016年インタビュー】
第322回 霞ヶ浦高等学校 綾部 翔投手「先輩たちの思いを背負いレベルアップを追求し続けた3年間」 【2015年インタビュー】
第162回 常総学院高等学校 内田 靖人 選手 【2013年インタビュー】
第109回 県立下妻第二高等学校 新山 直樹 選手 【2012年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
石岡一 【高校別データ】
江戸川学園取手 【高校別データ】
太田一 【高校別データ】
小瀬 【高校別データ】
鹿島 【高校別データ】
鹿島学園 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
勝田工 【高校別データ】
鬼怒商 【高校別データ】
鹿島 【高校別データ】
古河三 【高校別データ】
境 【高校別データ】
境 【高校別データ】
境港総合 【高校別データ】
佐竹 【高校別データ】
下館工 【高校別データ】
下妻二 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
水城 【高校別データ】
総和工 【高校別データ】
高萩清松 【高校別データ】
多賀 【高校別データ】
玉造工 【高校別データ】
つくば国際大高 【高校別データ】
つくば秀英 【高校別データ】
土浦日大 【高校別データ】
東洋大牛久 【高校別データ】
取手松陽 【高校別データ】
波崎柳川 【高校別データ】
日立一 【高校別データ】
水戸葵陵 【高校別データ】
水戸商 【高校別データ】
緑岡 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
守谷 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム