冬が僕らを強くする

  • 県立磯子高等学校(神奈川)
    2014.02.10
    第31回 県立磯子高等学校(神奈川)
    打ち勝つ野球をテーマに、打撃練習と走塁練習を重点に置いて取り組んだ。ティー打撃、ハーフ打撃、素振りを繰り返し、力強い打撃が定着してきました。
    詳細はこちら
  • 光明学園相模原高等学校(神奈川)
    2014.02.09
    第30回 光明学園相模原高等学校(神奈川)
    秋は県大会2回戦で敗退し、非常に悔しい思いをしました。この冬では「敵は自分!!」と言い聞かせ、自ら取り組む練習の雰囲気作りを重視しています。
    詳細はこちら
  • 県立藤沢西高校(神奈川)
    2014.02.08
    第29回 県立藤沢西高校(神奈川)
    2年生に精神的な成長が見られ、チームを引っ張れるようになり、全体的に意識も高くなりつつあります。基礎、基本の繰り返し、底力を上げていきます。
    詳細はこちら
  • 法政二高等学校(神奈川)
    2014.02.07
    第28回 法政二高等学校(神奈川)
    伝統ある法政二高の野球をベースにしながら、新たな野球スタイルを自らが確立することが勝つための必修条件と捉え、強い法政二高を取り戻します。
    詳細はこちら
  • 県立生田高校(神奈川)
    2014.02.06
    第27回 県立生田高校(神奈川)
    公立校においては冬は大幅なベースアップが可能な期間なので時には厳しく、時には励ましながらキャプテン岡本を中心に頑張りたいです!
    詳細はこちら
  • 県立岸根高等学校(神奈川)
    2014.02.05
    第26回 県立岸根高等学校(神奈川)
    秋季大会では県大会に初戦で敗退し、総合的に力不足を感じました。そのため冬では体力、体格の向上と振込みのよる打撃向上を目指しています。
    詳細はこちら
  • 県立中央農業高等学校(神奈川)
    2014.02.04
    第25回 県立中央農業高等学校(神奈川)
    この冬は厳しいトレーニングを前に一人ひとりが自分の役割を自覚し、個性を伸ばして、強豪校に気後れしない気持ちづくりをテーマにしています。
    詳細はこちら
  • 県立新栄高等学校(神奈川)
    2014.02.03
    第24回 県立新栄高等学校(神奈川)
    昨年の冬前に自分たちはこういう選手になりたい目標を明確にして、そのためにどのような練習をすればいいか、各自が考えて練習しています。
    詳細はこちら
  • 県立多摩高等学校(神奈川)
    2014.02.02
    第23回 県立多摩高等学校(神奈川)
    冬は個々の時間、自分を見つめ課題を見つける時。個でも成長したのちに、春でチーム全体で覚醒する。そのための冬です。
    詳細はこちら
  • 川崎市立高津高等学校(神奈川)
    2014.02.01
    第22回 川崎市立高津高等学校(神奈川)
    秋はミスが多く出てしまいました。練習のための練習ではなく、実戦のための練習ということを確認して、試合を想定した内容で取り組むことが重要です。
    詳細はこちら