第5回  足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか? 【永久保存の実験データ】編!2013年12月26日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
Player's Voice

 足のスペシャリスト、阿久根英昭教授の足裏メソッド、第5回。これまで、足裏の重要性とトレーニング方法、そして、実際に検証を行い、その結果を教えていただきました。
 今回は、その研究結果、阿久根教授によるレポートの詳細をお届けします。少し難しい言葉もあるかもしれませんが、より深く知れば、ますます足裏、足の指の重要性がわかるはず!貴重な研究データと共に、チェックしてみてください。

スポーツシューズによるトレーニング実施前後効果

足のスペシャリスト・阿久根英昭教授

目的

 短距離界のスーパースター・カールルイスのためのシューズ開発を機に、世界の各スポーツメーカーによるシューズの開発は、日進月歩の速さで進められてきている。その中、2004年、ナイキが開発したナイキ フリーは、これまで各メーカーでは成しえなかった「足力を高めるトレーニングシューズ」という画期的なものである。開発の目的は、機能的なシューズであっても、それを生かすための足力がなければ、シューズの良さも無意味になってしまうという視点にある。ナイキ フリーの特徴は、アウトソールに施されている縦横の溝にあり、足部機能である内反や外反、また足趾の屈曲、内転・外転など、まさに素足での動きを最大限に発揮させ足力を高める構造である。

 足底には8つの筋肉と2つの腱などの軟部組織が介在し、その全てが足趾につながっている。要するに、足趾を動かすことで足底にある全ての筋肉を鍛錬することができ、より高いパフォーマンスを生みだす「足」を形成することができるからである。

 本実験では、ナイキ MVP フリー トレーナー エリートを履いてのトレーニング前と、約4ヶ月後の足部機能、またそのことによるスポーツパフォーマンスの実施前後の変化から、ナイキ フリーのトレーニング効果について検証するものである。

方法
 検証項目と検証方法は以下の通りである。

(1)足部機能
1. 足底圧力分布図
 足底圧力分布図は、静立時の足底各部位にかかる圧力分布状態、左右足荷重差、縦軸重心位置から、静立時の安定性と足部機能を検証するものであり、測定は、FPS(足底圧力測定器)を用いた。
2. 足趾力
 足趾力は、足趾の屈曲力を評価するもので、足趾力計のバーに足趾をかけ、屈曲した時の力を測定した。

(2)スポーツ・パフォーマンス
1. 50m走
 クラウチング・スタートで、50mの距離を走行した時のタイムを測定した。グランド(土)
2. 垂直跳びの変化
 リープメーターを用いて実施。測定は2回で記録の良い方を採用した。
3. 反復横とび
 ライン間1mとして、20秒間での回数を測定した。

(3)検証期間・被験者
 トレーニング実施期間は、7月19日より11月21日までの約4カ月間。
 被験者は、野球部員4名で、ポジションは投手、捕手、内野手、外野手である。

検証結果は次のページで!

【次のページ】  足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか? 【永久保存の実験データ】編!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第158回 足裏と足指をもっと機能的に使おう【セルフコンディショニングのススメ】
第154回 野球に必要なバランス能力を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第4回 プレーヤーが3ヶ月間、徹底検証! 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか?【阿久根 英昭教授の野球が上達する足裏メソッド】
第85回 走力向上ドリル 説明・実証編 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第84回 足裏のトレーニング&走力向上ドリル Part3 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

阿久根 英昭
阿久根 英昭(あくね ひであき)
  • 1973年 日本体育大学体育学部卒業
    現 桜美林大学健康福祉学群 教授
  • 主な著書
    『足力』(スキージャーナル)
    『いま子供たちの足の裏が危ない』(主婦の友社)
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム