第4回 プレーヤーが3ヶ月間、徹底検証! 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか?2013年12月05日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
Player's Voice

 足のスペシャリスト、阿久根英昭教授の足裏メソッド、第4回。前回までは、足裏を鍛える意義や、ポジションごとに必要なこと。そして実際のトレーニング方法を教えていただきました。

 といっても、足裏を鍛えるといいらしい、ということはわかったけど本当に鍛えられるの?鍛えてどうなるの?と、いまいち確信が持てないでいる人もいることでしょう。というわけで、論より証拠。疑問を解消すべく、実際にプレーヤーに3カ月間足裏を鍛えるトレーニングを行ってもらい、検証してみました。はたしてその結果は…驚くべきものでした。見ればきっとキミもヤル気が出るはず!

【動画】3か月間、足裏を鍛えたプレーヤーたちのトレーニング結果は?


本当に効果は出るの?
 まず、3ヶ月間のトレーニングの結果を見る測定に先立ち、選手たちには50m走、垂直跳び、反復横跳びを行ってもらった。
 蹴り出しが必要な50m走は平均タイムが若干速く、左右の素早い動きが要求される反復横跳びは平均回数が60回から65回と記録の向上が見られた。しかし、上への動き、フォームが重要になってくる垂直跳びは63cmから62.25cmと若干の低下が見られた。選手たちも、
 「トレーニングや試合の中で、指先を使う、という意識はするようになりました。ただプレーに関しては、とっさの動きなので、まだ目立った感覚はありません」
 と、いまいち効果を実感できない様子だった。

 ところが、実際に足の数値の測定をしてみると、半信半疑だった選手たちの顔が、大きく変わった。

驚きの結果は次のページで!

【次のページ】 プレーヤーが3ヶ月間、徹底検証! 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか?(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第158回 足裏と足指をもっと機能的に使おう【セルフコンディショニングのススメ】
第154回 野球に必要なバランス能力を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第5回 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか? 【永久保存の実験データ】編!【阿久根 英昭教授の野球が上達する足裏メソッド】
第85回 走力向上ドリル 説明・実証編 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第84回 足裏のトレーニング&走力向上ドリル Part3 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

阿久根 英昭
阿久根 英昭(あくね ひであき)
  • 1973年 日本体育大学体育学部卒業
    現 桜美林大学健康福祉学群 教授
  • 主な著書
    『足力』(スキージャーナル)
    『いま子供たちの足の裏が危ない』(主婦の友社)
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム