第2回 足の指に注目し、成長させよう!2013年08月10日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
Player's Voice

 足のスペシャリスト、阿久根英昭教授の足裏メソッド。前回は、スポーツ選手にとって足の裏がいかに大切かを教えていただきました。
 「足の裏の力が弱いと、良い筋肉があっても使えない」
 これを知っていると知っていないとでは、これからのトレーニングに差が出てきます!パフォーマンスを引き出し、怪我をしにくい体まで作り上げてくれる、強い足の裏。ぜひ手に入れたいですね。

 今回は、足の裏でも特に指!足の指に注目する意味を教えていただきます。
 足の指を鍛え、成長させるとどうして野球が上手くなれるのか?また、足の指を成長させるシューズ選びとは?そう、足の指を成長させるには、靴選びも重要なポイントなんです。

 第二回も、野球を上達させてくれる、タメになるお話がいっぱいです。しっかりチェックして、ライバルとさらに差をつけちゃいましょう!

足裏のすべては指が握っている


なぜ足指に注目するのか?
足裏の筋肉・腱等の組織はすべて指につながっている。
丈夫な足を作るには、指を使わなければいけない。
歩きやすいだけの靴は足を退化させる。指を使える靴が必要になってくる!

足の指を解放し、成長させるシューズを選ぼう!


足の指を成長させるために
野球をやる時だけがトレーニングだけではない。日々の生活の中から足は作られる。
指を使う意識が指の力を高める。丈夫な足を作り上げるためにも、足の指を解放しよう!
足は鍛えれば鍛えただけ応えてくれる。可能性は無限!

第3回はポジション別の足裏を鍛えるアドバイスのコラムをお届けします!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第158回 足裏と足指をもっと機能的に使おう【セルフコンディショニングのススメ】
第154回 野球に必要なバランス能力を考える【セルフコンディショニングのススメ】
第5回 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか? 【永久保存の実験データ】編!【阿久根 英昭教授の野球が上達する足裏メソッド】
第4回 プレーヤーが3ヶ月間、徹底検証! 足裏を鍛えるトレーニングで、足裏の力はどこまで変わったのか?【阿久根 英昭教授の野球が上達する足裏メソッド】
第85回 走力向上ドリル 説明・実証編 【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】

コメントを投稿する

プロフィール

阿久根 英昭
阿久根 英昭(あくね ひであき)
  • 1973年 日本体育大学体育学部卒業
    現 桜美林大学健康福祉学群 教授
  • 主な著書
    『足力』(スキージャーナル)
    『いま子供たちの足の裏が危ない』(主婦の友社)
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム