第6回 【2014年夏】第96回全国高等学校野球選手権 西東京大会 展望 2014年06月22日

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]日大三・片倉ブロック
[2]東海大菅生・八王子ブロック

[3]日大鶴ヶ丘・東大和南ブロック/昭和・国学院久我山ブロック

第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

 昨年の西東京は日大三が3年連続出場を果たした。今年も日大三は投打ともに能力が高い選手が揃っており、優勝候補として注目されている。日大三を阻む学校はどこになるか?が焦点になりそうだ。

日大三・片倉ブロック

釘宮光希(日大三)

 日大三は大型選手が揃い、どこからでも一発が打てる打者が揃う。2番打者ながら180センチ80キロと恵まれた体格を誇り、本塁打を連発。2番打者の概念を覆す強打者・新井 仁盛(3年)、打っては本塁打を打つ長打力があり、投げては140キロ前後の速球、キレのあるスライダーで勝負する釘宮 光希(3年)、2011年の4番・横尾を彷彿とさせる強打者・廣谷 真也(3年)、投手陣では最速148キロ右腕・三輪 昂平(3年)、速球派左腕・佐渡 俊太(3年)と個々の戦力は全国クラス。その日大三だが、秋、春ともに接戦に敗れており、いかに接戦を制する戦い方を身に付けるかが課題となるだろう。

 同ブロックには桜美林創価などの強豪校が登場。創価は縦のスライダーを武器にする大久保に注目。また隣のブロックには佼成学園。エース小玉 和樹(2年)に、強肩強打の遊撃手・北 竜馬(3年)と好選手が揃う。

 都立片倉は投手陣の層の厚さが魅力。本格派右腕・長島 隼輝(3年)、常時130キロ中盤の速球を投げ込む矢ケ崎 光(2年)、粘り強い投球が光る技巧派左腕・馬場 岳大(2年)の3人に注目。

 打線は状況に応じて、バント、強打を使い分け、波に乗ると一気に大量点を取る破壊力も魅力だ。同ブロックには破壊力ある打線が持ち味の都立日野、140キロ右腕・四戸 洋明(3年)を擁する国士舘、最速143キロ右腕・坪井 将希(3年)、大型遊撃手・奥村 大貴(3年)擁する明大中野八王子、好左腕・鈴木 康平(3年)擁する聖パウロ学園などの強豪がノーシードで登場し、非常に熾烈なブロックといえるだろう。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 東海大菅生・八王子ブロック

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八王子vs早稲田実業【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
日大鶴ヶ丘vs明大明治【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
東海大菅生vs都立府中工【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
明大中野八王子vs昭和一学園【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
日大三vs都立豊多摩【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
第731回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第167回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.11「古谷 拓郎、中村 奎太」【ドラフト特集】
第733回 【三重展望】後編 強打の津田学園、全国トップクラスの投手陣を誇る菰野が頂点を狙う【大会展望・総括コラム】
第731回 【三重展望】前編 春の王者・いなべ総合は今年も盤石か。三重は初戦から強敵と激突!!【大会展望・総括コラム】
第505回 「計画的なチーム作りでノーシードから頂点へ!」日大鶴ヶ丘(西東京)【野球部訪問】
第726回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
第719回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第718回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
都立片倉 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
都立東大和南 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム