2018年07月12日 ナスパスタジアム

成田西陵vs旭農業

2018年夏の大会 第100回選手権記念 東千葉大会 1回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

成田西陵が12年ぶりの勝利!最後は主将が逆転打!

 成田西陵。過去12年公式戦で勝っていない。だが2008年夏、沼南を準優勝に導いた中西威史監督の就任により、風向きが変わり始めた。

 2017年4月から監督に就任してから、少しずつ力をつける成田西陵。今年の春は県大会に進出した成東相手に2対5と接戦を演じた。そして夏初戦。1年前の春季大会(4対9)で敗れた旭農業と戦うことになった。

 成田西陵は、いきなり先制する。一死満塁から5番下村広晃(2年)の適時打で1点を先制。さらに併殺崩れの間に1点を追加する。

1回裏、旭農業は5番加瀬の適時打で1点を返す。さらに2回裏、8番中井 拓夢(3年)の右中間を破る三塁打を放つと、二死となって、1番島田 陽光(3年)が中前適時打を放ち、2番行方 颯(3年)が左中間を破る適時三塁打で逆転。さらに3番向後も適時打を放ち4対2と点差を広げた。

 だが成田西陵も4回表、5番下村晃の右中間を破る三塁打でチャンスを作り、一死三塁から7番宮本 悠生(1年)のスクイズで1点差に。そして7回表、二死二塁から1番金田皓成 (2年)の左中間を破る適時三塁打で同点。そして1、2年生の若き選手を引っ張る主将・2番山崎 晴貴(3年)の適時打で逆転に成功した。

 9回表にも1番・金田の適時打が飛び出し、6対4と突き放した。

 投げては下村 広幸(2年)が打たせて取る投球で旭農業打線をしのぎ、4失点完投勝利で、12年ぶりの公式戦勝利を達成した。勝利の瞬間、選手たちは大きくガッツポーズ。勝利の味をじっくりと噛みしめていた。

 成田西陵はまだ1,2年生が多く残るだけにこの勝利の経験は大きなものとなっただろう。今後の成長が楽しみだ。

 敗れた旭農業は背番号1の行方が素晴らしい動きを見せた。打っては2安打。スクエアスタンスで構え、トップからインパクトまで無駄のないスイング軌道でボールをとらえ、広角に打ち分ける打撃技術は素晴らしい。一番目を引いたのはフットワークが軽快な遊撃守備、一歩目の反応が素早く、バウンドの合わせ方もうまい。そして投手としては130キロ台の速球を投げるだけにスローイングも強い。十分に大学でも続けられるだけの技量は示してくれた。

(文=河嶋 宗一)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ルーズヴェルト・ゲームと12年ぶりの公式戦勝利が起きた東千葉大会2試合を徹底レポート!【千葉大会】 【ニュース - 高校野球関連】
千葉明徳、専大松戸らが県大会進出!【春季千葉大会地区予選・14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
旭農業vs小見川【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
市立銚子vs旭農業【千葉県 2015年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
秀明八千代vs旭農業【千葉県 2011年夏の大会 第93回千葉大会】
成田西陵vs成田北【千葉県 2010年秋の大会 第16回東部地区大会】
旭農業 【高校別データ】
成田西陵 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

成田西陵応援には、行けないけど頑張れ野球部OB 2018.07.12
今年こそ初戦突破目指して頑張れ
旭農業ファイト!!!旭農業 2018.07.11
まずは初戦がんばれ!!
旭農業がんばれ!!!!プティボワ 2018.07.11
まずは初戦!応援には行けないけど遠くから応援してます⚾️
成田西陵ナリエン魂!!たかき 2018.07.10
絶対勝てる!頑張れ!!

応援メッセージを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る