2017年11月05日 熱田神宮公園野球場

名南工vs愛知総合工科

2017年秋の大会 名古屋市内県立校大会 3位決定戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

名南工が攻守に充実ぶりを示してコールド勝ち



先制点に盛り上がる名南工

 この日は熱田神宮をスタートとして全日本大学駅伝が行われており、朝早い時間から各校の応援団が陣取っていた。さらに、沿道の観衆も多く足を運んで賑わっていた。そんな喧噪の場から、1キロほど離れたところにある熱田球場。秋晴れの下、その熱田球場では名古屋市内の公立校大会の最終日となっていた。3位決定戦は、お互い実業系の学校同士の対戦となった。

 愛知総合工科は大きく足をあげてから右下手投げの五十川君、名南工は力強さを感じさせてくれる平田君の先発で始まった。平田君が、まずは3人でしっかりと愛知総工打線を抑えるとその裏、名南工は先頭の星野君が内野安打で出塁。その後失策とバントなどで、一死二三塁となり、打っても4番に入っている平田君が右前へはじき返して自身のバットで先制点を叩き出した。

 2回にも名南工は四球などで無死一二塁として8番豊島君が中堅手横へ落す二塁打で2者を帰す。さらに、バントで一死三塁として、星野君も右前タイムリー打でリードを広げる。

 名南工は3回にも、平田君が三塁打を放ち、続く嶺山君の左前打で追加点。

 4回にも、バント安打も含めて3連打で無死満塁となって、山住君の左中間二塁打に平田君の犠飛と嶺山君の左前打などでさらに4点を加えた。

 名南工は山住君、平田君、嶺山君のクリーンアップで5安打6打点。まさに、打つべきところがしっかりと打ったということで、横山成年監督としても思惑通りの展開になったのではないだろうか。

 愛知総合工科は昨夏には1年生ばかりで大会に出場して今年が創立2年目。チームとしてはまだまだ発展途上というところであろうが、経験値を生かして確実に実績を挙げていっているといっていいであろう。来春、現状にどれだけ上乗せしていっているのか、楽しみでもある。

(文=手束 仁

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛工大名電、初戦をコールド勝利! 14日の結果【秋季愛知地区予選】 【ニュース - 高校野球関連】
名古屋市工芸が開幕勝利!【選手権愛知大会・結果】 【ニュース - 高校野球関連】
春日丘vs名南工【愛知県 2013年春の大会 平成25年度春季愛知県大会】
名南工vs天白【愛知県 2013年春の大会 平成25年度春季愛知県大会】
愛知総合工科 【高校別データ】
名南工 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る