2017年09月24日 小牧市総合運動場野球場

愛知産大三河vs大府

2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会 準々決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

投手戦の展開は1対1で延長に突入、13回に愛産大三河が突き放す



上田希由翔(愛知産大三河)

 前日の3回戦は、ともに1点差で勝ち上がってきた同士。大府は、投手戦を何とか制して1対0で勝ち上がってきている。一方の愛知産大三河は、9回裏に1対4から一気に4点を奪う逆転サヨナラでの進出である。そんな両校の対決である。

 愛知産大三河の勢いを止めたい大府は、昨日は甲斐陽光君が完封したことで温存出来たエースの左腕大西悠史君が先発。愛知産大三河は背番号3の体格のいい上田希由翔君が先発。両投手の投げ合いの展開となっていった。

 先制したのは大府で2回、この回先頭の4番伊藤光輝君が右越本塁打。狙いすましたかのような一発だった。それでも、上田君は特に動揺することもなく、その後は失策の走者をだしても、併殺で逃れるなど落ち着いていた。

 そして、上田君が何とか頑張っている間に、追いついておきたい愛知産大三河だったが5回、1番からの好打順を生かして、石川颯人君が中前打で出ると、二死三塁まで進んで、4番打者でもある上田君の一打が遊撃手深いところを襲い内野安打となって、三塁走者が生還して同点となった。

 その後は、大西君と上田君が、それぞれの持ち味を生かして、ともに丁寧に投げていって相手に得点を与えない。ただ、試合の流れとしては7~9回まで、大府は毎回先頭打者を出していた。しかも、いずれもベンチのバントの指示通りにきっちりと走者を進められてはいた。しかし、その後にタイムリーを出すことが出来ず、ホームベースが遠かった。もっとも、それだけ上田君もここぞというところではしっかり投げていたとも言えよう。

 上田君は、力強く投げ込んでくる力の投球のように見えるが、繊細にコースを突いてくるところもあった。櫻井春生監督も「こういう展開になると、なかなか代えられないですよね。いけるところまで行けという気になって、任せていたのですけれども、どんどん行っちゃったからね」と、上田君の頑張りには手放しの喜びようだった。

 ただ、味方打線が援護できないまま試合は延長戦に突入。結局、4番打者として自身の内野安打で叩き出した1点を何とかキープしていくという苦しい投球でもあったが、延長に入っても崩れることはなかった。

 こうして、「もしかしたら、そのまま延長15回で引き分け再試合になってしまうのではないか」という空気も十分に出てきていた。

【次のページ】 愛知産大三河vs大府(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様! 【ニュース - コラム】
私学4強の壁がある「西愛知」と大激戦の「東愛知」 【ニュース - コラム】
第4回 私学4強の壁がある「西愛知」と大激戦の「東愛知」【2代表制大会展望】【100回記念大会特集】
大成vs大府【愛知県 第124回全尾張高等学校野球選手権大会】
愛知産大三河vs中京大中京【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
大府vs旭丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
栄徳vs大府【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
豊橋商vs大府東【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
第495回 【愛知展望】至学館と中京大中京を東邦、栄徳、享栄などが追う!【大会展望・総括コラム】
第27回 愛知産業大学三河高等学校(愛知)【僕らの熱い夏2017】
第446回 2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!【大会展望・総括コラム】
第424回 【愛知展望】今年も東邦、愛工大名電などの愛知私学4強が中心!4強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
愛知産大三河 【高校別データ】
大府 【高校別データ】
第70回愛知県高校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

大府昨日野球の試合お疲れ様林聖也です。 2017.09.25
昨日僕も小牧市市民球場に行って、大府高校を応援団をしました。愛知産大三河に残念ながら負けちゃいましたね。昨日の試合お疲れ様でした。昨日悔しいなみだを忘れずに野球の練習を頑張ってください。

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る