2017年07月28日 パロマ瑞穂野球場

栄徳vs東邦

2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会 準決勝
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

栄徳、東邦に昨年の準決勝の雪辱を果たし3年ぶりの決勝進出

 昨年の愛知大会の準決勝の再戦となったカード。昨年は、東邦藤嶋 健人(現中日)が栄徳を6安打完封で抑えている。また、昨秋にも2回戦で対戦しており、東邦が6対0で快勝。また、栄徳が初めて決勝進出を果たした3年前の愛知大会でも東邦が壁となっていた。それだけに、栄徳としては何とかして東邦の壁を破りたいというのは悲願でもあろう。
 また、中野 幸治監督としても、「今年の栄徳東邦を倒せる力はある」という思いを抱けるくらいのものはあると認識しているようだ。その原動力が何といってもエースの釜谷 竜哉である。

 従って、試合としては釜谷対東邦打線という構図になった。

 初回はともに3者凡退で静かな試合の入りだった。しかし2回、栄徳が先頭の4番石原 水輝が右前打で出るとバントで進み、千田 勇斗の中前打で先制する。さらに3回、栄徳は一死から1番千田 和弥が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁して、福山 廉も右前打して一、三塁。そして3番野口 泰司が右中間二塁打して2者を返す。なおも、5番近藤 颯真も中越三塁打してこの回3点で試合の主導権を握った。

 東邦もその裏、三塁打した1年生の熊田 任洋が内野ゴロで生還して1点を返したが、栄徳の勢いは止まらなかった。

 4回にも7番神山 響が右前打するとすぐに盗塁、四球後に1番千田 和弥の左前打で帰し、なおもバント失策などで満塁となったところで、東邦の森田 泰弘監督は先発田中 来起を一塁に下げ、2番手として扇谷 莉を送り出したが、その代わってすぐの3球目、野口が一振したバットがジャストミートで捉えた打球は左翼スタンドへ飛び込んだ満塁本塁打となった。まさに、決定的と言ってもいいくらいの一打となった。

 東邦は5回に二死一、三塁から2番林 琢真が左前打して1点を返したもののそこまで。その後も、釜谷が丁寧にコースを突いていき、持ち味でもある制球のよさをいかんなく発揮しながら、以降東邦打線を無安打に抑えて、そのまま7点リードをキープしてコールドゲームで、悲願の打倒東邦を果たした。

 栄徳は、3年ぶりの決勝進出となった。

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
劇的にして非情な幕切れ、愛知が9回に2点差を逆転サヨナラ!3回戦2試合を徹底レポート【愛知大会】 【ニュース - 高校野球関連】
星城(愛知) 打倒4強!ジャイアントキリングで甲子園に乗り込む! 【ニュース - コラム】
第502回 星城(愛知)【後編】「愛知私学4強との対決を制し、下克上実現へ」【野球部訪問】
第501回 星城(愛知)【前編】「愛知の名指導者が就任。気配り・目配りで選手が成長」【野球部訪問】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1回 知って得する第1回から今大会まで連続参加の15校のトリビア!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
東邦vs静岡【2018年春の大会 第65回春季東海地区高等学校野球大会】
第660回 3年ぶり秋春東海連覇を狙う静岡。追う東海のツワモノたち【大会展望・総括コラム】
東邦vs愛知啓成【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
花巻東vs東邦【第90回記念選抜高等学校野球大会】
星城vs栄徳【愛知県 全尾張高等学校野球選手権 第71回尾東大会】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
第337回 東邦高等学校 松山 仁彦選手「スケール感ならば藤嶋に負けない剛腕左腕!」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
栄徳 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る