2017年07月23日 豊橋市民球場

豊田工vs桜丘

2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会 5回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

終盤の追撃を耐えて、豊田工がシードの桜丘を下してベスト8

 評判の好投手、桜丘原 悠莉豊田工の2年生左腕・横田 龍也との投げ合いが期待された試合。予想通りの好試合になったが、豊田工が最後待て残った実業校、そして公立校としての意地を示してベスト8に名乗りを上げた。それにしても、激しい試合だった。

 序盤は期待通りの投手戦で、桜丘は初回に2四球と失策で得た一死満塁を併殺でつぶすが、豊田工の横田の程よい荒れ球ぶりにもやや手を焼いたという感じでもあった。また、豊田工打線も降りは鋭いが、桜丘の腹を打ちきれないでいた。こうしてお互いに無得点のまま試合は中盤に入る。そして迎えた4回、二死走者なしから豊田工が一気に得点を重ねる。

 二死後8番鈴木 良路が死球で出ると、ややラッキーもあって内野安打が2本続き二死満塁。橋本 翔の一打は遊ゴロだったが、慎重すぎて二塁にトスしたボールが親や浮いてしまいセーフとなり記録は野選で1点。さらに満塁で3番鳴川 慎也が右中間を破る二塁田で走者一掃してこの回4点となった。
豊田工は6回にも一死二塁からまたしても鳴川のタイムリー左前打で追加点。試合としては完全に豊田工のペースとなった。もっとも、相手はシード校でもあり、このまますんなりと行くとは思っていなかったであろうが、桜丘は終盤に猛反撃を仕掛けていく。

 まずは7回、一死二三塁から吉野 弘見の中前タイムリー打と4番鈴木 啓介の中犠飛で2点を返す。ただ、ここでも豊田工は二塁走者の三塁進塁を中堅手・小野 舜介の好送球で指すという隠れたファインプレーもあった。
 3点差として桜丘は8回にも、四球と原 大純の二塁打で無死二三塁を作ると、内野ゴロと、9番小柳津 裕太のタイムリー打で1点差まで迫った。こうなってくると、試合そのものの行方もわからなくなってくる。

 ところが、豊田工は逞しかった。9回にこの日大当たりの3番鳴川にあえて繰りバントさせるなどで慎重に攻めた豊田工は、一死るという場面で4番酒井 健汰がややボール気味のインコース高めの球を叩いて右翼スタンドを2ランを放つなどして3点を追加した。
これで気持ちとしてもだいぶ楽になった横田投手は、9回に原 大純のこの日本目となる二塁打で2点を詰め寄られながらも、最後は横田投手が踏ん張ってリードを守り切って、シード校の桜丘を下してベスト8への進出を果たした。

 豊田工はベスト8進出校では唯一の公立校であり、実業校でもある。名古屋市内のいわゆる強豪私学と言われる学校が名を連ねていく中での健闘である。しかし、戦いぶりとしては一つひとつのプレーに自信の溢れた堂々としたものであった。

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
豊田工の3年生が「ベスト8入りの夏」を振り返る 【ニュース - コラム】
第115回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「豊田工の歴史を変えた史上初のベスト8」【後編】【僕らの熱い夏2017】
夏の愛知大会ベスト8の豊田工の3年生が「秋の戦いと冬のトレーニング」を振り返る 【ニュース - コラム】
第114回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「85人の部員全員で戦えたチーム」【前編】【僕らの熱い夏2017】
東邦vs桜丘【愛知県 2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会】
第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝【野球部訪問】
東邦vs豊田工【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
慶應義塾vs桜丘【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
都立小岩vs桜丘【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権東東京大会】
國學院久我山vs日大桜丘【東京都 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会】
第424回 【愛知展望】今年も東邦、愛工大名電などの愛知私学4強が中心!4強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
第348回 【愛知抽選会後 展望】最も熱く、過酷な愛知大会を制するのは?この夏の行方を徹底予想!【大会展望・総括コラム】
桜丘 【高校別データ】
豊田工 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る