2016年09月19日 刈谷球場

東浦vs豊田工

2016年秋の大会  第69回愛知県高等学校野球選手権大会 3回戦
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤に再逆転した東浦、3人の継投で逃げ切る

丁寧な投球でしのいだ東浦・鈴木晴友君

 夏のメンバーが多く残り、一次予選の知多地区では大府を破り1位で通過してきた東浦。それなりのチーム力はあるのだろうと思っていたが、3人の投手が、それぞれの持ち味を出しながら、しっかりとその責任を果たしていった。一時はリードされながらも、慌てることなく、すぐにひっくり返したあたりも、チームとしての自信が感じられる。

 東浦は森君、豊田工はエースで4番の酒井君がそれぞれ3人ずつで抑える立ち上がりで試合は始まった。
試合は2回に動いた。東浦は先頭の4番村田君が四球で出塁すると、バントで送る。加藤龍之介君が死球で一二塁となると、榊原君が右前打して先制する。さらに一死一三塁という場面で、藤原君の内野安打の間に帰ってこの回2点。まずは、東浦が主導権を握る形となった。

 ところが4回、豊田工の4番酒井君が右翼へソロホームランして流れが変わった。1点差となって5回の豊田工は、先頭の6番福田君が中越二塁打。やや不用意にストライクを取りに行った森君の球をしっかりと捉えた。さらに暴投で無死三塁となる。ここで東浦の中島勇喜監督は伝令を送り、森君は内野ゴロで同点とされたものの何とか二死までは獲った。しかし9番和田君が右前打してすかさず二塁盗塁。さらに1番鳴川君も左前打して一三塁。ここで、森君は連続死球を与えてしまい押し出しで逆転。中嶋監督はたまらずここで2人目の鈴木晴友君を送り出した。交代早々の鈴木君は、やや冷静さを欠いてストレートで歩かせてしまい連続押し出しとなり2点差となった。ただ、その後は鈴木君は丁寧に投げて何とか抑えた。

 一転して追いかける立場となった東浦だったが、6回にすぐに反撃した。
この回、先頭の山崎君が四球で出ると、バントは失敗するが、その後力で抑えに行った酒井君が2四球を与えて二死満塁。ここで2回に先制のタイムリーを放ち、ここまでチーム唯一の安打を放っていた7番榊原君が期待に応えて、左翼越え走者一掃となる二塁打で一気に逆転した。まさに、榊原君のバットで先制し逆転したという東浦だった。

【次のページ】 東浦vs豊田工(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
豊田工の3年生が「ベスト8入りの夏」を振り返る 【ニュース - コラム】
第115回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「豊田工の歴史を変えた史上初のベスト8」【後編】【僕らの熱い夏2017】
夏の愛知大会ベスト8の豊田工の3年生が「秋の戦いと冬のトレーニング」を振り返る 【ニュース - コラム】
第114回 3年生座談会 豊田工業高等学校(愛知)「85人の部員全員で戦えたチーム」【前編】【僕らの熱い夏2017】
第451回 県立豊田工業高等学校(愛知)「いける」感触掴んだ全三河大会での準優勝【野球部訪問】
東邦vs豊田工【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
豊田工vs桜丘【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
東浦vs津島【愛知県 2017年夏の大会 第99回選手権愛知大会】
豊川vs豊田工【愛知県 2017年春の大会 第136回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第446回 2016年の公立勢の顔となったのはどこ?公立校の躍進を一挙にプレイバック!【大会展望・総括コラム】
享栄vs東浦【愛知県 2016年秋の大会  第69回愛知県高等学校野球選手権大会】
第424回 【愛知展望】今年も東邦、愛工大名電などの愛知私学4強が中心!4強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
豊田工 【高校別データ】
東浦 【高校別データ】
第69回愛知県高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る